本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「すくすくと、元気に育ちますように」


少々話題が古いですが、七夕に何を願いましたか?


「七夕に願いごと」なんて、おセンチな感覚はもう持ち合わせてないつもりだったのですが……
ある日、チビすけが保育園から戻ると、連絡帳に短冊が2枚はさまれていました。

これはどうやら「七夕飾りにするから、両親が願いごとを書いてください」
というものらしいです。


で……考えましたとも。

ひじょーにありきたりですが、「すくすくと、元気に育ちますように」。

もうこれに尽きます。

これ以上は思い浮かばないです。



去年も同じような文言を短冊に書いたと思うのですが、今年、より強くそう思ったのは、
友人のKちゃん一家の存在がとても大きいです。

もともと恵比寿に住んでいたKちゃんとは、ちょうど同じ頃妊娠して、
マタニティヨガ教室で出会って、出産前後に産院で再会して、
お互いに息子を授かり、メールのやりとりなどをしながら
仲良くなっていきました。

お互いについて、特別たくさんのことを知っているわけじゃないのに、
何となく感覚で惹かれる人、気になる人っていません?

それが、私にとってSちゃんでした。
(これって異性だったら恋ですよね! わははは)

ハワイ好きだったり、フラを習っていたことがあったり(しかも同じスタジオで!!)と、
知り合うほどに共通項も多いし、何よりKちゃんの知性やセンスのよさは、本当に魅力たっぷり!



さて、わが家のチビすけ同様、Kちゃんの息子、Sくんもすくすく元気に育っていました。

今年の春までは。


3月、Sくんは突然、原因不明の劇症肝炎を発症。

その数日後、KちゃんはSくんに自分の肝臓の一部をあげたのです。

いわゆる生体肝移植です。


私がその事実を知ったのは、ふたりが手術を受けたずっと後になってからでしたが、
ニュースでしか知らなかったことが、友人親子に起こったことはとてもショックでした。

Kちゃんやご主人、おじいちゃんやおばあちゃんの気持ちを思うと、涙が止まらなかったし、
もしもSくんがチビすけだったらと思うと、手足ががくがく震えました。

幸いSくんは、ママの肝臓をもらったおかげで一命を取り留め、
その後はびっくりするほどのスピードで回復しています。

そして私は、Sくんのやんちゃぶりを楽しみに、
ほぼ毎日更新されるKちゃんのブログを覗いているのです。



でも、知らせを受けた当時は、正直、Kちゃんになんて声をかけていいのかわかりませんでした。

Sくんの病状の深刻さももちろん心配でしたが、Kちゃん自身、健康な自分の体にメスを入れて、
肝臓の一部を取り出しながらも、日々Sくんの看病をしているのです。


ところが、そんな私の心配をよそに、Kちゃんからの返ってきたメールに思わず笑い泣き。

「(私の術後は)産後ほどつらくないのよ(笑)」




母はなんて強いんだろう!!!

私がKちゃんだったら、もちろん一も二もなく同じことをするに違いないけれど……。




そんなわけで、私の今年の願いごと「すくすくと、元気に育ちますように」には、
チビすけとSくん、ふたり分を込めたつもりです。

いえ、もっといえば、世界中の子どもたちがすくすくと、元気に育ちますように……!





c0073025_1305141.jpg

Sくんに贈った絵本のお礼に、Kちゃんからお菓子が届きました。
チロルチョコには、Sくんの笑顔が!!

うれしい、本当にうれしい。
もったいなくて食べられず、リビングボードに並べて飾っています。

それを見たチビすけ、不思議そうに「これは?」
「Sくんだよー。毎日ごはんをいっぱい食べて元気になってるんだよー」と、私。



c0073025_1334142.jpg

昨年の夏、Kちゃんちにお邪魔したときの一枚。
ふたりとも随分お兄ちゃんになりました。
また一緒に遊べる日を楽しみにしてるね!
[PR]
# by hanaoui | 2010-07-16 01:52 | diary
近況など

気がつけば、ハワイから1カ月!!
時の流れのあまりの速さに閉口しております。

でも、個人的にはこの1カ月に劇的な思考の変化が起こり、
思うところあって、今まであまり興味のなかった分野に顔を突っ込んだりしています。


そんなわけで、このところ、夜の自由時間は本ばかり読んでいたのですが、
今夜はそれもお休みして、さっきチビすけのクッキーをオーブンに放り込んだところ。

ずっと風邪っぽかったチビすけが週末ついに熱を出し、
いつもより食欲がない状態が続いているのです。
が、クッキーは大好物なので、朝食のパン替わりやおやつに食べてくれたらいいなあ、と。




c0073025_2358153.jpg

友人の会社が、恵比寿に引っ越してきました。
おまけに先週素敵なスペース「amu」がオープン!

現在進行中の恵比寿のアートプロジェクトの仲間たちと、オープニングレセプションに行きました。
恵比寿に新しいアート&カルチャースポットが生まれて、本当にうれしい!!
写真は、お祝いに贈ったル・ベスベのお花とチビすけ。




c0073025_23581153.jpg

手前味噌になりますが、わが家のオス犬は本当にやさしい性格で、
チビすけがどんなにからんでも怒りません。
ただいつもチビすけを受け入れて、ペロペロとなめます。
(メス犬はからまれる前に逃げ出すのですが、唯一ドッグランでだけは
チビすけのそばを離れず、寄って来る犬を追い払ったりします。)

こんなやさしい犬たちに囲まれて育ったことを、大人になっても忘れないでね。




c0073025_0113997.jpg

ブログを書いてる間に、クッキーが焼き上がったので写真を撮ってみました。
全粒粉、オリーブオイル、メープルシロップ、自然塩ひとつまみだけの
ものすごーくシンプルな(地味な)お菓子です。
よって、ごはん替わりにしても大丈夫なのです。
[PR]
# by hanaoui | 2010-07-07 00:18 | diary
カウアイ島より戻ってきました

先週末、カウアイ島より戻ってきました。

当初、帰ってきたのはカラダのみで、
ココロはすっかりハワイに忘れてきてしまっていたんですが、
さすがに今はココロも帰国しています。


ハワイは10回くらい行ってますが、カウアイは初上陸!

たっぷり堪能してきましたよ♪


“ガーデン・アイランド”と呼ばれているだけあって、自然、自然、自然!

c0073025_0135514.jpg

眼下に広がるのは、ハワイアンの主食、タロイモの畑です。


c0073025_0142622.jpg

展望台から見下ろしたナ・パリ・コースト。

もうね、涙が出るほど美しかったのです。
(この景色を堪能したい人は、ワイメア渓谷の展望台で引き返さずに、
道がなくなるまでクルマを走らせましょう!……かなりの悪路だけど)

次は絶対船に乗って、海から眺めるんだ!




c0073025_0144142.jpg

海外デビューしたチビすけは、旅行の間ずーっと元気いっぱい。大はしゃぎでした。






……が、こやつがいちばん堪能したのは、自然でも食べ物でもなく……

「クルマ」でした。



c0073025_0145223.jpg

そこらじゅうを走ってるスポーツタイプのレンタカーを見ては、
「スーパーカー!」と叫んでいました。

(“スーパーカー”の単語を知ってるのは、少し前のJAFの会報誌『JAFメイト』が
「懐かしのスーパーカー」特集を組んでいたからです。
ちなみにチビすけ、『JAFメイト』は毎号ボロボロになるまで読み込んでます。)



c0073025_015476.jpg

空港の隅に停まっていたカートに興味津々だったので、ちょっとだけ座らせてもらいました。

この真剣なまなざしの先には、もちろん別のクルマがあります。



c0073025_0151553.jpg

遠くにいる馬を見せようと思ってクルマを停めたら……



c0073025_015275.jpg

トラクターに釘付け。



c0073025_0153995.jpg

買い物に行けば、駐車場にあった珍しいクルマのそばを離れようとせず。



c0073025_016166.jpg

でも、ヘリコプターに乗せたら(チビすけはまだ料金無料です!その代わり母の膝の上ですが)、
景色を楽しむまでもなくわずか5分で撃沈。



c0073025_0172354.jpg

でも、オトナはたっぷり楽しみましたよ!



c0073025_0173464.jpg

こんな眺めや


c0073025_017488.jpg

あんな眺めも。



ヘリが怖いという人以外は、カウアイではぜひヘリコプターの遊覧飛行をおすすめします!

かくいう私は、仕事もあわせると3〜4回は乗ってるはずなんですが、
苦手なんですよねえ、独特の揺れが。

50分の飛行は、エチケット袋の世話にならないギリギリの長さでした。





c0073025_0175993.jpg

ハワイですもの、もちろんビーチも堪能しました!!



c0073025_018792.jpg

たまたま出会ったヒッピーのおじさんが教えてくれたビーチは、
波が静かで人も少なく、天国のようでした。

思わず2回も行ってしまいましたよ。

カウアイに限らず、ハワイのビーチは波の高いところが多いので、
チビ連れにはとっても貴重なスポットでした。




こんなふうに美しいものをたくさん観て、カウアイの海に浮かんで、
おいしいものをたくさん食べたら、旅はあっという間に終わってしまいました。

人生も、きっとこんなふうに気がつけば終わりを迎えるんだろうなあ。


ならば、残りをできるだけ楽しい旅にしよう!

カウアイの海と空に誓った私です。



c0073025_0182336.jpg

ホノルルから7時間半のフライトをなんとか終え、成田に到着。

ここでもチビすけを釘付けにしていたのは、乗り物でしたとさ、チャンチャン。
[PR]
# by hanaoui | 2010-06-11 00:18 | diary
5月あれこれ

ちょいと話題が古くなりますが、
5月9日(日)、母の日にMODE for Charityが無事終了しました。

いやー、忙しかったけど、おもしろかった。
開催1カ月前のイベントつくるなんて、めったにない経験ですもん。
(あ、そんな経験、できればもうしたくないですけどね)


c0073025_1423226.jpg

収益金も、目標金額の300万円を達成!
これは、ザンビアの妊産婦さんを救うために使われます。


c0073025_145425.jpg

クロージングパーティが終わって、プロデューサーの藤田香織さんもこの笑顔。
終わり頃を見計らって会場に到着したチビすけと一緒に記念撮影しました。

(お互い)母の日なのに働いちゃって、おつかれさま!
このあと飲んだビールとワイン、おいしかったねえ。



c0073025_1452238.jpg

母の日の翌日、1つ年をとりました。
感慨にふけるヒマもないうちに迎え、過ぎていった誕生日でした。



c0073025_1454248.jpg

あ、でも上野動物園行ったりもしたんですよ。
パンダ小屋にはレッサーパンダがおりました。

昔デートで来たのが最後だったと思うんだけど、誰と行ったのか、結局思い出せず……。



c0073025_146517.jpg

シブヤ大学の活動も相変わらず!
恵比寿キャンパスでは、1000人で歌うプロジェクトがスタートしました。
すっごく盛り上がったこの授業、7月に追加募集があるそうですよ。



c0073025_1461758.jpg

先日、久しぶりに高熱を出して驚かせてくれたチビすけ。
でも、母が仕事の山を超えたあとだったので、ゆっくり看病&養生につきあえました。
久しぶりに育児休暇中を思い出して、それはそれで幸せでした。



そんなこんなで、明日から久しぶりのハワイ(もちろん休暇)。
カウアイ島初上陸です!

ゆっくりのんびり羽をのばす前に……片付けることはまだまだ残ってるし、
荷造りもまったくできておらず。

でも、ま、何とかなるでしょ!?
[PR]
# by hanaoui | 2010-05-28 01:46 | diary
豊かな絵本の世界

ただ今、繁忙期につき、徳島より母が上京中です。

今回、母がいてくれる間に初めて2夜連続で予定が入ってしまったため、
思い切ってチビすけの断乳を決行。

「3日間は泣き続けるよ〜」と方々からいわれてたんですが、
想像よりずっとあっけなく卒乳となりました。

う〜ん、淋しい。




さて、今回の上京にあたり、母からチビすけへのおみやげがこれでした。

c0073025_026177.jpg

私が30ウン年前に愛読していた『こぐまちゃんシリーズ』!

Wikiで調べたら、なんとシリーズ累計500万部!!
しかも、いちばんのお気に入りだったこの『しろくまちゃんとほっとけーき』は、
186万部も売り上げているそうです。

もちろん、今も絶賛販売中。
ちなみに、『しろくまちゃんのほっとけーき』の初版は、1972年10月。

ひええ、同じ出版業界人として憧れちゃう。


c0073025_0261591.jpg

当の絵本は、30ウン年前の歳月を物語る汚れっぷり。
っていうか、読み込みすぎ??


c0073025_0263188.jpg

いちばん好きだったホットケーキが焼ける場面。
もちろん、いまやチビすけもどっぷりハマってマス。


c0073025_0283320.jpg

このホットケーキがたまらなくおいしそうで、母に何度も焼いてもらったっけ。
今度は私が焼く番なんですよねー。

ええ、焼いてあげましょうとも。
でも、まだ自分が楽しんでいたときのことを鮮明に覚えているだけに、
ちょっと不思議な感じです。







さて、1年6カ月、いまだテレビのおもしろさもDVDの楽しさも知らずに生きてるチビすけの
数少ない娯楽の1つが、絵本です。




そんなチビすけに衝撃の1冊。

みなさんも、記憶があるのでは??










c0073025_0284458.jpg

そう!
せなけいこ先生の『ねないこだれだ』。

折しも卒乳の前後から、チビすけの寝かしつけにかなり四苦八苦。

そんななかこの本を購入し、読み聞かせ、
チビすけが「おばけ、こわい〜」と言い出したまでは良かったんですが……。




まずは思い出してください。
この本は、こんな場面から始まります。

c0073025_0285642.jpg



チビすけとベッドに入り、なかなか寝付かないと、この話を空で聞かせます。

ところが、わざと低いゆっくりとした声で「とけいがなります」というと、
チビすけがすかさず

「ぼーん、ぼーん、ぼーん」

と言うんですよねえ。
(調子はかなりはずれてます)


そして、私が(えーと、次なんだっけ?)と思っているうちに
チビすけが

「こんな じかん おきてりゅのは」
というので、

慌てて「こんなじかんにおきているのはだれだ?」と、私。


次のページを私が言う前にチビすけは、
「みみずくー」

慌てて絵本のとおり「ふくろうにみみずく」
私が言い終えると

「ねこー」

それを受けてこちらは、またも絵本のとおり「くろねこどらねこ」。

すると、

「ちゅー」
(絵本では「いたずらねずみ」)

私が言い終わるとすかさず

「どぼろー」
(絵本では「それともどろぼう?」)



ここまでのやりとりが一々おかしくて、
この時点で腹筋はぷるぷるしてます。

でもなんとか笑いをこらえていると、


次にチビすけが
「いえいえ」
と言って教えてくれるんですよ。

c0073025_029869.jpg

それが、この場面。


これ、すべて絵本を開かず暗闇で話してるんですから、
わが子ながらなかなか大したものです。

絵本を買ってからまだ2週間なんですけどね。

チビすけにとって、絵本の世界がどれだけ大きなものなのか、
親の私には想像するしかないんですけど、
大切にしてあげたいなーと思うのです。





c0073025_0293798.jpg

週末、横浜の動物園、ズーラシアに行ってきました。
バックに見えるのはつくりもののゾウなんですが、本物を見たときは固まってました。

トラもサルも「コワイ」と言ってましたが、
オカピは気に入ったようです。

残念ながら、大自然の中、のびのびと子育てというわけにはいかないので、
せめて想像力豊かに育ってほしいと、テレビのない暮らしはまだ当分続けるつもりです。
[PR]
# by hanaoui | 2010-04-27 01:05 | diary
意外と効果あり!?

c0073025_19184473.jpg


シブヤ大学某スタッフ(196cm、61kg)にもらったiPhone用壁紙。

iPhoneを手にするたびに、うっ……。



意外と効果があるかもしれませぬ。

(いや、あんまり期待しないでください……)
[PR]
# by hanaoui | 2010-04-23 19:18 | diary
MODE for Charity、いよいよスタート!

4月14日のオープニングセレモニーは、おかげさまで満員御礼!

5月4日までチャリティオークション、絶賛開催中です。

イベント最終日の5月9日は、代官山のレストランでクロージングパーティ
子連れママ&パパも歓迎です!
お誘いあわせのうえ、ぜひお出かけくださいね。
(チケットは、ジョイセフチャリティショップにて販売中です)

twitterによるRT(リツイート)支援も、よろしくお願いします。
MODE for Charity事務局のツイートを1回RTするごとに、ウーマンエキサイトより1円が本イベントに寄付されます。
期間は、5月9日(日)<母の日>まで!


c0073025_11533483.jpg
c0073025_1153524.jpg

[PR]
# by hanaoui | 2010-04-15 11:54 | diary
魔法の言葉

最近のチビすけ、なんと歌らしきものを歌うようになってきて、毎日大変おもしろいです。

「大きなたいこ、ドーンドン」の「ドーンドン」の部分とか、
「笑ったら負けよ、アップップ」の「アップップ」とかは以前から言えたんですが、
このごろどうも部分的でない歌い方をするんです。


たとえば……

「あっるっこー、あっるっこー、わた◯×△◎◇じぇんきい〜」
(歩こう、歩こう、私は元気ー)

「おんまは◎×△ぱっかぱかっぱぱぱっかぱっか……どうーーなーーーーかーーーー」
(おんまはみんなぱっぱか走る、ぱっぱか走る、ぱっぱか走る、おもしろいね。どうしてなのかー)

って、歌詞は毎回めちゃくちゃなんですが。



いろいろなことがわかってきてるってことは、
ますますコミュニケーションができるというわけで。

今、わが家で魔法のように使われている言葉が、「おにいちゃん」。


あ、チビすけに弟とか妹ができるというハナシではありません、念のため。

4月からチビすけが1歳児クラスに進級し、
同時に0歳児クラスに小さな赤ちゃんが入園してきたのです。


「ひよこ組の赤ちゃん」に対する「りす組のおにいちゃん」は効果絶大で、
たとえば、夜泣きをしておっぱいを欲しがったとき(実はまだちょっとだけ飲んでます)、

「◯◯(チビすけの名前)は、もうりす組のおにいちゃんでしょう。
おっぱいは赤ちゃんの飲み物だよ。
お兄ちゃんはおっぱいなしでも寝られるはずだよ」

うそみたいですが、これでピタッと泣き止んで、すーっと再入眠します。



「おにいちゃん」は、食事の時にも威力を発揮。

食事にイマイチ集中できないときや、白いごはんを食べてくれないときは、

「おにいちゃんなところ、見せて!」というと、

これでもかっ! というくらい大きな口を開けてくれます。

そして、それを絶賛すると、得意になってまたやってくれます。


褒めれば伸びる。

そういう意味では、まだまだ犬と同レベルです。



そうそう、今日いちばんおかしかったのは、夕食の支度をしているとき。

いつものとおり「抱っこ、抱っこ」攻撃にあい、仕方ないので左腕でチビすけを抱え、
複数のお鍋の様子を見ていたら、「取って」と手前のフライパンに手を伸ばそうとしました。

「ダメだよ、アチチだよ」

そう言っても、「取って」と聞きません。

なので、

「ダメだよ、アチチだよ。アチチでエンエンしちゃうよ。
だってほら、◯◯、すぐエンエンするじゃん」


すると、どうでしょう。

チビすけ、口をみるみるへの字にして、「ポイッ」と言いながら、私の顔をぶってきたのです。

「ポイッ」というのは、チビすけが怒ったときのセリフ。

「おにいちゃん」なチビすけにとっては、「すぐにエンエンする」は
自尊心を傷つける言葉だったようです。

が、その怒り方があまりにもおかしくて、かわいくて。


笑っちゃいけないとは思いつつ、「なんだ、意味わかってんだー」と、
思わずゲラゲラ笑ってしまいました。

怒ったチビすけも、つられてゲラゲラ。



あと何年、母をいちばん好きでいてくれるかな?


戦場のような日々だったりするけれど、日常のキラキラした時間を
慈しみながら、暮らしたいなあと思うのです。

ああ、せめてもう少しゆっくり時間が進んでくれるといいんですけどねー。





c0073025_0113332.jpg

先日、上京して一泊だけ滞在した父と。

滞在したことをちゃんと覚えていて、父が帰って以来、
時々思い出しては「じいじ」と口に出します。
そして、3月中に預かっていた犬の名前や「ばあば」と言うことも。
いつの間にか、短期記憶も長期記憶も備わってきてるんですねえ。
[PR]
# by hanaoui | 2010-04-06 00:10 | diary
火中の栗、その後

3月半ばに私がディレクターに就任したMODE for Charityのサイトが、先日オープンしました。

2週間でつくったとは思えない出来! と我ながら絶賛。
(いちばんがんばったのは、デザイナーさんなんですが)

何せ、思い切り途中参加で、内容も状況もよくわからない
本当のゼロベースからのスタートだったので、頭も体もフル回転でした。


同時進行だったフライヤーも、昨日納品されたそうで、よかった、よかった。

イベントは14日(水)〜なので、まだまだするべきことはあるのですが、
ちょっとホッとしています。




そして、昨日、4カ月ぶりに美容院に行きました……

いくら忙しいとはいえ、こんなことではイカンと反省。

服でも買いに行こうかな。
[PR]
# by hanaoui | 2010-04-03 09:25 | diary
最近のこと

●ついこの間まで「つぶやくの、怖い」なんて言ってたくせに、Twitterのおもしろさが
ようやくわかってきました。
フォローするなら、カタカナで探してみてね。


●チビすけ、1歳5カ月、元気いっぱい。
言葉をいろいろ覚えてきました。

たとえば……
バスのこと → ばてぃ → ばち → ばしゅ
乾杯!のこと → ぱんぱーい! → かんぱーい!
電車のこと → ごー → たんとん(がたんごとんのつもり) → (ある日突然)でんしゃ

うれしい反面、すぐに普通に言えるようになると、なんだかつまんなかったりもします。

高い、大きい、でっかい、ちっちゃい。
そういう立体的な概念もわかってきて、適宜使えるようになってきました。

外国人が言葉を覚えるみたいに、発音がまだヘタくそなんですけど、
それがたいそうおもしろかわいいのです。

そういえば昨日、上京している父がビールを飲んでいるのを見て、
しきりに「かんぱーい!」。
で、ビールのグラスをもたせて、カチンとしたあと、飲むふり
(アルコールのにおいがイヤで実際は飲みません)をして……発した言葉。

「ウマイネ〜!」

一体どこで覚えたんだってばっ!!


●火中の栗を拾う
猛烈に火がついた状態で突然バトンタッチを受ける、という仕事がなぜか今月になり3連発。
アチチと言いながらも、意外とこの状況が楽しかったりして。

だって、まだなんとかする余地があるんだもん。
よくも悪くも風呂敷拡げちゃったあとなんだもん。
いろいろ言ったって、あとはやるだけじゃんか。

本当に嫌なのはねー、自分ではどうしようもないことについて、
あれこれ気を揉まなくちゃいけないことなんですよ。

自分の力でどうにかできることは、どんな状況であれ、結構楽しい。


あ〜〜、それにしても、したいことをするには時間が足りませぬ!!

働くママたち、一体どう折り合いをつけているんだろう??
[PR]
# by hanaoui | 2010-03-17 23:52 | diary
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.