本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ザ☆男の子

年に4回必ずやってくる繁忙期に突入しました。
しかも今回は、いつもより随分とつくる量が多い。


というわけで、例によって徳島より母が上京中です。
チビすけは、ばあばが愛情と時間をこめてつくった料理を毎日モリモリ食べています。
(私の料理は、愛情はこもってますが、正直、時間はあんまりかけてません……
ごめんよ、チビすけ)

保育園のお迎えも母に任せているので、20時頃までは目一杯仕事をしてから帰宅しています。
が、あまりかまってもらえないもんだから、チビすけは甘えん坊に拍車がかかってます。

21時過ぎにベッドに入っても、ベタベタしつづけ、寝つくのが22時頃になってしまう始末。
あやうく私のほうが寝入ってしまいそうです。



c0073025_0264277.jpg

チビすけ、某社の広告の撮影モデルをしました。
壁に立って、私の「よーい、ドン!」のかけ声を待っているところです。

声がかかったら、私めがけて走ってきます。
何度も走らされて、最後はちょっぴり飽きてました。
ちょうど1年前はハイハイしてたのに……大きくなったなあ。



c0073025_0311774.jpg

相変わらず、シブヤ大学にも参加しています。
この日は、畑ゼミのあと、「Sing!恵比寿」の歌のレッスンでした。
畑ゼミの仲間たちと「ドレスコードは手ぬぐい」でキメたところをパチリ。



語彙は日々増えていて、こちらが目をまるくするよう。
1曲まるまる歌える歌も増えてきました。(よく聞くと、歌詞がめちゃくちゃでおかしいのですが)

「うめ〜」とか「オレら」とか、まあお世辞にも美しいとはいえない日本語も覚えてきて、
すっかり男の子しています。

特にミニカーで遊ぶときは、目がぎらぎらしてて、走らせながら「かっこいいー」を連発。
私にはもうまったく理解不能な世界です。

お金のやりとりをしたがり、お店屋さんごっこも好き。
「スーパーカーください」
「はい、さんびゃくえん(ケタがいくつ足りないんだ!!」
なーんてやりとりも。


ああ、きっとじきに終わってしまうのがもったいないちびっこ期です。
だって、そのうちヒゲとかはえちゃうんだもんね……。

ああ、もったいない!
胸に刻み付ける日々です。
[PR]
by hanaoui | 2010-07-24 00:47 | diary
「すくすくと、元気に育ちますように」


少々話題が古いですが、七夕に何を願いましたか?


「七夕に願いごと」なんて、おセンチな感覚はもう持ち合わせてないつもりだったのですが……
ある日、チビすけが保育園から戻ると、連絡帳に短冊が2枚はさまれていました。

これはどうやら「七夕飾りにするから、両親が願いごとを書いてください」
というものらしいです。


で……考えましたとも。

ひじょーにありきたりですが、「すくすくと、元気に育ちますように」。

もうこれに尽きます。

これ以上は思い浮かばないです。



去年も同じような文言を短冊に書いたと思うのですが、今年、より強くそう思ったのは、
友人のKちゃん一家の存在がとても大きいです。

もともと恵比寿に住んでいたKちゃんとは、ちょうど同じ頃妊娠して、
マタニティヨガ教室で出会って、出産前後に産院で再会して、
お互いに息子を授かり、メールのやりとりなどをしながら
仲良くなっていきました。

お互いについて、特別たくさんのことを知っているわけじゃないのに、
何となく感覚で惹かれる人、気になる人っていません?

それが、私にとってSちゃんでした。
(これって異性だったら恋ですよね! わははは)

ハワイ好きだったり、フラを習っていたことがあったり(しかも同じスタジオで!!)と、
知り合うほどに共通項も多いし、何よりKちゃんの知性やセンスのよさは、本当に魅力たっぷり!



さて、わが家のチビすけ同様、Kちゃんの息子、Sくんもすくすく元気に育っていました。

今年の春までは。


3月、Sくんは突然、原因不明の劇症肝炎を発症。

その数日後、KちゃんはSくんに自分の肝臓の一部をあげたのです。

いわゆる生体肝移植です。


私がその事実を知ったのは、ふたりが手術を受けたずっと後になってからでしたが、
ニュースでしか知らなかったことが、友人親子に起こったことはとてもショックでした。

Kちゃんやご主人、おじいちゃんやおばあちゃんの気持ちを思うと、涙が止まらなかったし、
もしもSくんがチビすけだったらと思うと、手足ががくがく震えました。

幸いSくんは、ママの肝臓をもらったおかげで一命を取り留め、
その後はびっくりするほどのスピードで回復しています。

そして私は、Sくんのやんちゃぶりを楽しみに、
ほぼ毎日更新されるKちゃんのブログを覗いているのです。



でも、知らせを受けた当時は、正直、Kちゃんになんて声をかけていいのかわかりませんでした。

Sくんの病状の深刻さももちろん心配でしたが、Kちゃん自身、健康な自分の体にメスを入れて、
肝臓の一部を取り出しながらも、日々Sくんの看病をしているのです。


ところが、そんな私の心配をよそに、Kちゃんからの返ってきたメールに思わず笑い泣き。

「(私の術後は)産後ほどつらくないのよ(笑)」




母はなんて強いんだろう!!!

私がKちゃんだったら、もちろん一も二もなく同じことをするに違いないけれど……。




そんなわけで、私の今年の願いごと「すくすくと、元気に育ちますように」には、
チビすけとSくん、ふたり分を込めたつもりです。

いえ、もっといえば、世界中の子どもたちがすくすくと、元気に育ちますように……!





c0073025_1305141.jpg

Sくんに贈った絵本のお礼に、Kちゃんからお菓子が届きました。
チロルチョコには、Sくんの笑顔が!!

うれしい、本当にうれしい。
もったいなくて食べられず、リビングボードに並べて飾っています。

それを見たチビすけ、不思議そうに「これは?」
「Sくんだよー。毎日ごはんをいっぱい食べて元気になってるんだよー」と、私。



c0073025_1334142.jpg

昨年の夏、Kちゃんちにお邪魔したときの一枚。
ふたりとも随分お兄ちゃんになりました。
また一緒に遊べる日を楽しみにしてるね!
[PR]
by hanaoui | 2010-07-16 01:52 | diary
近況など

気がつけば、ハワイから1カ月!!
時の流れのあまりの速さに閉口しております。

でも、個人的にはこの1カ月に劇的な思考の変化が起こり、
思うところあって、今まであまり興味のなかった分野に顔を突っ込んだりしています。


そんなわけで、このところ、夜の自由時間は本ばかり読んでいたのですが、
今夜はそれもお休みして、さっきチビすけのクッキーをオーブンに放り込んだところ。

ずっと風邪っぽかったチビすけが週末ついに熱を出し、
いつもより食欲がない状態が続いているのです。
が、クッキーは大好物なので、朝食のパン替わりやおやつに食べてくれたらいいなあ、と。




c0073025_2358153.jpg

友人の会社が、恵比寿に引っ越してきました。
おまけに先週素敵なスペース「amu」がオープン!

現在進行中の恵比寿のアートプロジェクトの仲間たちと、オープニングレセプションに行きました。
恵比寿に新しいアート&カルチャースポットが生まれて、本当にうれしい!!
写真は、お祝いに贈ったル・ベスベのお花とチビすけ。




c0073025_23581153.jpg

手前味噌になりますが、わが家のオス犬は本当にやさしい性格で、
チビすけがどんなにからんでも怒りません。
ただいつもチビすけを受け入れて、ペロペロとなめます。
(メス犬はからまれる前に逃げ出すのですが、唯一ドッグランでだけは
チビすけのそばを離れず、寄って来る犬を追い払ったりします。)

こんなやさしい犬たちに囲まれて育ったことを、大人になっても忘れないでね。




c0073025_0113997.jpg

ブログを書いてる間に、クッキーが焼き上がったので写真を撮ってみました。
全粒粉、オリーブオイル、メープルシロップ、自然塩ひとつまみだけの
ものすごーくシンプルな(地味な)お菓子です。
よって、ごはん替わりにしても大丈夫なのです。
[PR]
by hanaoui | 2010-07-07 00:18 | diary
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.