本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
豊かな絵本の世界

ただ今、繁忙期につき、徳島より母が上京中です。

今回、母がいてくれる間に初めて2夜連続で予定が入ってしまったため、
思い切ってチビすけの断乳を決行。

「3日間は泣き続けるよ〜」と方々からいわれてたんですが、
想像よりずっとあっけなく卒乳となりました。

う〜ん、淋しい。




さて、今回の上京にあたり、母からチビすけへのおみやげがこれでした。

c0073025_026177.jpg

私が30ウン年前に愛読していた『こぐまちゃんシリーズ』!

Wikiで調べたら、なんとシリーズ累計500万部!!
しかも、いちばんのお気に入りだったこの『しろくまちゃんとほっとけーき』は、
186万部も売り上げているそうです。

もちろん、今も絶賛販売中。
ちなみに、『しろくまちゃんのほっとけーき』の初版は、1972年10月。

ひええ、同じ出版業界人として憧れちゃう。


c0073025_0261591.jpg

当の絵本は、30ウン年前の歳月を物語る汚れっぷり。
っていうか、読み込みすぎ??


c0073025_0263188.jpg

いちばん好きだったホットケーキが焼ける場面。
もちろん、いまやチビすけもどっぷりハマってマス。


c0073025_0283320.jpg

このホットケーキがたまらなくおいしそうで、母に何度も焼いてもらったっけ。
今度は私が焼く番なんですよねー。

ええ、焼いてあげましょうとも。
でも、まだ自分が楽しんでいたときのことを鮮明に覚えているだけに、
ちょっと不思議な感じです。







さて、1年6カ月、いまだテレビのおもしろさもDVDの楽しさも知らずに生きてるチビすけの
数少ない娯楽の1つが、絵本です。




そんなチビすけに衝撃の1冊。

みなさんも、記憶があるのでは??










c0073025_0284458.jpg

そう!
せなけいこ先生の『ねないこだれだ』。

折しも卒乳の前後から、チビすけの寝かしつけにかなり四苦八苦。

そんななかこの本を購入し、読み聞かせ、
チビすけが「おばけ、こわい〜」と言い出したまでは良かったんですが……。




まずは思い出してください。
この本は、こんな場面から始まります。

c0073025_0285642.jpg



チビすけとベッドに入り、なかなか寝付かないと、この話を空で聞かせます。

ところが、わざと低いゆっくりとした声で「とけいがなります」というと、
チビすけがすかさず

「ぼーん、ぼーん、ぼーん」

と言うんですよねえ。
(調子はかなりはずれてます)


そして、私が(えーと、次なんだっけ?)と思っているうちに
チビすけが

「こんな じかん おきてりゅのは」
というので、

慌てて「こんなじかんにおきているのはだれだ?」と、私。


次のページを私が言う前にチビすけは、
「みみずくー」

慌てて絵本のとおり「ふくろうにみみずく」
私が言い終えると

「ねこー」

それを受けてこちらは、またも絵本のとおり「くろねこどらねこ」。

すると、

「ちゅー」
(絵本では「いたずらねずみ」)

私が言い終わるとすかさず

「どぼろー」
(絵本では「それともどろぼう?」)



ここまでのやりとりが一々おかしくて、
この時点で腹筋はぷるぷるしてます。

でもなんとか笑いをこらえていると、


次にチビすけが
「いえいえ」
と言って教えてくれるんですよ。

c0073025_029869.jpg

それが、この場面。


これ、すべて絵本を開かず暗闇で話してるんですから、
わが子ながらなかなか大したものです。

絵本を買ってからまだ2週間なんですけどね。

チビすけにとって、絵本の世界がどれだけ大きなものなのか、
親の私には想像するしかないんですけど、
大切にしてあげたいなーと思うのです。





c0073025_0293798.jpg

週末、横浜の動物園、ズーラシアに行ってきました。
バックに見えるのはつくりもののゾウなんですが、本物を見たときは固まってました。

トラもサルも「コワイ」と言ってましたが、
オカピは気に入ったようです。

残念ながら、大自然の中、のびのびと子育てというわけにはいかないので、
せめて想像力豊かに育ってほしいと、テレビのない暮らしはまだ当分続けるつもりです。
[PR]
by hanaoui | 2010-04-27 01:05 | diary
意外と効果あり!?

c0073025_19184473.jpg


シブヤ大学某スタッフ(196cm、61kg)にもらったiPhone用壁紙。

iPhoneを手にするたびに、うっ……。



意外と効果があるかもしれませぬ。

(いや、あんまり期待しないでください……)
[PR]
by hanaoui | 2010-04-23 19:18 | diary
MODE for Charity、いよいよスタート!

4月14日のオープニングセレモニーは、おかげさまで満員御礼!

5月4日までチャリティオークション、絶賛開催中です。

イベント最終日の5月9日は、代官山のレストランでクロージングパーティ
子連れママ&パパも歓迎です!
お誘いあわせのうえ、ぜひお出かけくださいね。
(チケットは、ジョイセフチャリティショップにて販売中です)

twitterによるRT(リツイート)支援も、よろしくお願いします。
MODE for Charity事務局のツイートを1回RTするごとに、ウーマンエキサイトより1円が本イベントに寄付されます。
期間は、5月9日(日)<母の日>まで!


c0073025_11533483.jpg
c0073025_1153524.jpg

[PR]
by hanaoui | 2010-04-15 11:54 | diary
魔法の言葉

最近のチビすけ、なんと歌らしきものを歌うようになってきて、毎日大変おもしろいです。

「大きなたいこ、ドーンドン」の「ドーンドン」の部分とか、
「笑ったら負けよ、アップップ」の「アップップ」とかは以前から言えたんですが、
このごろどうも部分的でない歌い方をするんです。


たとえば……

「あっるっこー、あっるっこー、わた◯×△◎◇じぇんきい〜」
(歩こう、歩こう、私は元気ー)

「おんまは◎×△ぱっかぱかっぱぱぱっかぱっか……どうーーなーーーーかーーーー」
(おんまはみんなぱっぱか走る、ぱっぱか走る、ぱっぱか走る、おもしろいね。どうしてなのかー)

って、歌詞は毎回めちゃくちゃなんですが。



いろいろなことがわかってきてるってことは、
ますますコミュニケーションができるというわけで。

今、わが家で魔法のように使われている言葉が、「おにいちゃん」。


あ、チビすけに弟とか妹ができるというハナシではありません、念のため。

4月からチビすけが1歳児クラスに進級し、
同時に0歳児クラスに小さな赤ちゃんが入園してきたのです。


「ひよこ組の赤ちゃん」に対する「りす組のおにいちゃん」は効果絶大で、
たとえば、夜泣きをしておっぱいを欲しがったとき(実はまだちょっとだけ飲んでます)、

「◯◯(チビすけの名前)は、もうりす組のおにいちゃんでしょう。
おっぱいは赤ちゃんの飲み物だよ。
お兄ちゃんはおっぱいなしでも寝られるはずだよ」

うそみたいですが、これでピタッと泣き止んで、すーっと再入眠します。



「おにいちゃん」は、食事の時にも威力を発揮。

食事にイマイチ集中できないときや、白いごはんを食べてくれないときは、

「おにいちゃんなところ、見せて!」というと、

これでもかっ! というくらい大きな口を開けてくれます。

そして、それを絶賛すると、得意になってまたやってくれます。


褒めれば伸びる。

そういう意味では、まだまだ犬と同レベルです。



そうそう、今日いちばんおかしかったのは、夕食の支度をしているとき。

いつものとおり「抱っこ、抱っこ」攻撃にあい、仕方ないので左腕でチビすけを抱え、
複数のお鍋の様子を見ていたら、「取って」と手前のフライパンに手を伸ばそうとしました。

「ダメだよ、アチチだよ」

そう言っても、「取って」と聞きません。

なので、

「ダメだよ、アチチだよ。アチチでエンエンしちゃうよ。
だってほら、◯◯、すぐエンエンするじゃん」


すると、どうでしょう。

チビすけ、口をみるみるへの字にして、「ポイッ」と言いながら、私の顔をぶってきたのです。

「ポイッ」というのは、チビすけが怒ったときのセリフ。

「おにいちゃん」なチビすけにとっては、「すぐにエンエンする」は
自尊心を傷つける言葉だったようです。

が、その怒り方があまりにもおかしくて、かわいくて。


笑っちゃいけないとは思いつつ、「なんだ、意味わかってんだー」と、
思わずゲラゲラ笑ってしまいました。

怒ったチビすけも、つられてゲラゲラ。



あと何年、母をいちばん好きでいてくれるかな?


戦場のような日々だったりするけれど、日常のキラキラした時間を
慈しみながら、暮らしたいなあと思うのです。

ああ、せめてもう少しゆっくり時間が進んでくれるといいんですけどねー。





c0073025_0113332.jpg

先日、上京して一泊だけ滞在した父と。

滞在したことをちゃんと覚えていて、父が帰って以来、
時々思い出しては「じいじ」と口に出します。
そして、3月中に預かっていた犬の名前や「ばあば」と言うことも。
いつの間にか、短期記憶も長期記憶も備わってきてるんですねえ。
[PR]
by hanaoui | 2010-04-06 00:10 | diary
火中の栗、その後

3月半ばに私がディレクターに就任したMODE for Charityのサイトが、先日オープンしました。

2週間でつくったとは思えない出来! と我ながら絶賛。
(いちばんがんばったのは、デザイナーさんなんですが)

何せ、思い切り途中参加で、内容も状況もよくわからない
本当のゼロベースからのスタートだったので、頭も体もフル回転でした。


同時進行だったフライヤーも、昨日納品されたそうで、よかった、よかった。

イベントは14日(水)〜なので、まだまだするべきことはあるのですが、
ちょっとホッとしています。




そして、昨日、4カ月ぶりに美容院に行きました……

いくら忙しいとはいえ、こんなことではイカンと反省。

服でも買いに行こうかな。
[PR]
by hanaoui | 2010-04-03 09:25 | diary
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.