本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
木を見て、森も見る

徳島に来て最初の4、5日、東京にいたときと生活リズムが変わってしまったせいか、チビすけが夜中に頻繁に起きて泣くということがありました。

せっかく早めにお休みをいただいたというのに、新生児のとき以来の寝不足でへとへとに。

そんなとき、東京からもってきた数冊の本から思わず手が伸びたのは「赤ちゃんが魔法にかかったように朝までぐっすり眠る」というようなタイトルの本。


が、読めば読むほど、違和感が……。

いや、参考になることもたくさん書いてあるんですよ。

たとえば、母乳は後乳と呼ばれる後半のおっぱいのほうが脂肪分が高く、腹持ちがいいため、赤ちゃんに長く寝てもらうには途中で左右のおっぱいをスイッチするのではなく、片乳を最後まで飲んでもらうことが大切、とか、
赤ちゃんを2時間以上起こしておかない、とか、
昼寝は合計3時間半以内にとどめる、とか。


でもね……
おっぱいは1日◯回、時間は◯時、1回◯分とか、
添い寝はダメでベビーベッドでひとり寝させる習慣をつける、とか、
ゆらゆら抱っこや子守唄を唄いながら、あるいはおっぱいをあげながら寝かしつけるのは悪い習慣で、自分で寝付けるようにするとか、
そういう記述には何だか納得できず。

なぜって……
私が赤ちゃんだったら、寝ている間もお母さんにそばにいてほしいと思うから。
おっぱいが飲みたいときは、いつでも好きなだけ飲ませてもらいたいと思うから。
興奮してなかなか寝付けないときは、ゆらゆら抱っこしながらやさしく子守唄を唄ってもらえたら、安心して眠れると思うから。



そんなふうに考えてたら、あっと気づいたんです。

私は何も、チビすけを朝まで一度もぐずらず、ぐっすり眠る子に育てたいわけじゃないって。


“親にとって都合のいい子”“育てやすい子”にするよりも、もっと大切なことがあるはず。

それにチビすけは、この先ずっとおっぱいを飲むわけじゃないし、ずっと夜泣きするわけじゃないし、ずっと抱っこが必要なわけじゃない。


夜ごとの涙に翻弄されて、あやうく大切なことを見失うところでした。



母親になると、とかくいろんなことが気になります。

おっぱいは足りてるかな?
昨日からウンチが出てないけど、大丈夫かな?
泣き止まないのは、暑いから? それともおなかが痛いから?
ポツンとできた湿疹、ほうっておいて大丈夫かな?
……などなど。

仕事のときはものごとを俯瞰して見るクセがついているのに、母親をしているときは枝葉ばかり気になるのも、おかしな話ですよね。


枝葉も見ながら、森も見る。

2009年の子育て目標です。




2008年は、妊娠に始まり、出産、子育てと、激動の一年でした。

同時に、感謝の年でもありました。


いつも支え、温かく見守ってくれる大切な人たちに、ありがとう。

そして……私を“お母さん”にしてくれたチビすけに、ありがとう。


来年もどうぞよろしくお願いします!

みなさま、どうかよいお年をお迎えください。



最後におまけ3連発。

c0073025_23152795.jpg

c0073025_23154798.jpg

c0073025_23155911.jpg


徳島在住のカメラマンにコンタクトを取り、実家に出張撮影に来てもらいました。

今年米寿のお祝いをした祖母は、曾孫の誕生を本当に喜んでくれました。

おばあちゃんに曾孫を見せられたこと、これが年の最後にいちばんうれしかったことです。
[PR]
by hanaoui | 2008-12-31 22:24 | diary
ひと足お先に

今年は早くも仕事納めをさせていただきました。

これでも一応、育児休暇モードなので、ご勘弁くださいませ。




で、何をしているかというと……

両親と祖母が住む徳島に、チビすけとチビ犬1匹を連れて来ています。

チビすけもチビ犬も、飛行機初体験でした。



c0073025_10104321.jpg


徳島は南国だからといって特別あったかいわけではなく、普通に寒いです。




c0073025_109593.jpg


一年ぶりに再会した我が家のチビ犬と、その弟。

時間を埋めるかのように、毎日おおはしゃぎしてます。


週末には夫と親犬2頭も合流予定。

どうなることやら……
[PR]
by hanaoui | 2008-12-23 10:16 | diary
でましたっ

妊娠中につくりはじめ、出産直前に入稿し、出産後に校正作業をした本が、ついについに発売されました!

c0073025_18453232.jpg



実は最近の研究で、赤ちゃんが生まれてすぐスキンケアを始めると、肌トラブルが起こりにくいことがわかってきました。

これは、アトピー性皮膚炎の予防にも有効なことが証明されています。


この本の制作にあたって、いろいろなことを調べるうち、もっとも驚いたのが、行政や産院主導による沐浴の方法が50年も前から変わっていなかったこと!

50年間に環境は激変しているのに、赤ちゃんのスキンケア指導はまるで変わっていなかったのです。

これでは、アトピーの子が増えるのも当然といえるかもしれません。


この本には、赤ちゃんのスキンケア方法をはじめ、服装や室温管理など、デリケートな赤ちゃんの肌をトラブルから守り、すこやかに育てるためのノウハウが記されています。

詳細はこちらからどうぞ。

マガジンハウスのウェブサイトからは立ち読みもできます。


イラストは、『ツレがうつになりまして。』(幻冬舎)などで人気の漫画家、細川貂々さんが担当してくださいました。

彼女も今年出産したばかりで、しかも売れっ子でとっても忙しいのに、快くお仕事を引き受けてくださいました。

貂々さんの日記でも紹介されています。

よかったら、ぜひチェックしてください!
[PR]
by hanaoui | 2008-12-19 18:45 | diary
鬼の霍乱

チビすけが「えうー」「えうー」とよくおしゃべりするので
「えう語がペラペラだね〜」なーんてバカなことを言ってるんですが、
正しくは喃語(なんご)というそうです。



c0073025_1344258.jpg
c0073025_13443735.jpg


ご覧のとおり、チビすけは元気いっぱいなんですが、
ここにきて私、風邪を引いてしまいました。

免疫力が下がる妊娠中でさえ、なんともなかったんですがねー。

徳島から母が来てくれて、気が緩んだのかもしれません。

夫にも見事うつしてしまいました。


思い起こせば、先月上旬、出産前からずっと滞在してくれていた母が帰ったその晩は
本当に泣き出したい気分でした。

夫とふたりだけでチビすけの世話をしながら、家事や仕事ができるんだろうかと
絶望的な気分になり、ふたりで何度も何度も
「これからがんばろうね、力を合わせて乗り切ろうね」と励まし合ったのが
懐かしく思い出されます。


母が再び来るまで、平坦ではなかったけれど、何とかなりましたね。

何とかなるもんです。



今は早く風邪を治して、何とか仕事納めをして
新しい年を迎える準備をしたいと思いマス。

みなさまもお大事に!
[PR]
by hanaoui | 2008-12-16 13:53 | diary
えう語全開!

チビすけが生まれて、ちょうど2カ月経ちました。

それしか生きてない割には、母にくっついて
生意気にもシゴトの打ち合わせなどに参加してたりします。


午後は予防接種だったので、病院で体重を測ったらなんと5200g!

米袋を超えました。

どーりで重たいわけだよ〜。


最近は、「えうー、えうー」と、本人にしかわからない“えう語”で
よくしゃべります。

今週の頭から上京してきてくれているチビすけの祖母は、
笑顔にもうメロメロです。

おかげで私は手が空いて、その隙にたまったシゴトを片付けています。



c0073025_17564521.jpg

早くも首が据わってきたせいで、扱いがとってもラクになりました。
[PR]
by hanaoui | 2008-12-10 18:01 | diary
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.