本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ああ、夏休み

やばいです。
久しぶりに働きすぎです。

今いちばん怖いのは早産なので、トコちゃんベルトを締めてがんばってます。

余談ですが、トコちゃんベルト、すごすぎます!

逆子が一発で治りました。

腰痛もちの方にもいいそうです。

産後は体型が戻りやすいとか。ホントかなあ……(とか言いつつ、大きく期待)。



明日は朝からマタニティヨーガに行って、午後は執筆中の書籍の監修をお願いしている先生(入院中)のお見舞いがてら原稿を届けて、夜は友人たちと某事務所開きパーティに乱入です。

おかげできっと一日仕事が進まないので、週末は休日出勤確定です。


目下、楽しみなのは8月下旬の金曜に1日休みをもらって、友人たちと2泊3日で温泉に行くこと!!(夏休みっていうか、代休っていうんだよね、普通!?)


あ~あ、今年の夏も長いなあ~(遠い目)。

どうやら9月下旬からの産休が、夏休みになりそうで(苦笑)。
[PR]
by hanaoui | 2008-07-30 22:17 | diary
デュアルデザインウェブサイト開設のお知らせ

このたびデュアルデザインのウェブサイトを開設しました。

書籍、広告・PR誌、雑誌・ムック、ロゴマークなど、
過去に手掛けた仕事を中心にご紹介しています。

お時間のあるとき、ぜひご覧ください!
[PR]
by hanaoui | 2008-07-28 12:22 | dual
オジさん観察考@電車

この国は「レディファースト」とか「ホスピタリティ」とかが
普通に存在する国ではないのだなあ、とつくづく思うのが電車の中。

先日、電車で空いている席に座ろうとしたときのこと。

私より後から乗ってきたオジさんがドンとぶつかってきて、
私がよろめいているすきに、ささっと座ってしまったのです。

オジさんは腰を下ろしてから、ぶつかった相手がおなかの大きな妊婦だと気づいたらしく、
さすがにバツの悪い顔をしていましたが……。


男性諸君にはちょっぴり耳の痛い話かもしれませんが、
正直、妊娠してから電車でオジさんに席を譲られたことがありません。

席を譲ってくれるのは、ほとんどが女性です。

若い男性もときどき譲ってくれますが、多くはオジさんと同じように目に入っていないか、
もしくは見ていないふり。


妊婦であることを大変ぶるわけではありませんが、
私は自分の妊娠生活が終わったら、妊婦さんには必ず席を譲ろうと思います。

夫にも「外で妊婦を見かけたら、絶対に席を譲るように!」と言っています。

それくらい立ち続けていることがしんどいうえ、
混雑している電車の中はおなかを圧迫される危険があって怖いというのもあります。


打ち合わせや飲食中、妊婦がいることをわかっているのに、
何の配慮もなくたばこを吸いはじめるのもオジさんです。
(配慮して吸わない方のほうが多いのですが)

そんなとき、「あー、この人はこんなにいい歳した大人になっても、
自分のことしか見えてないんだなあ」と、
まもなく男の子の母親になる身としてはちょっと悲しくなるのです。


歩きたばこをするのも、圧倒的に男性ですね。

彼らはすぐ後ろを歩く人に煙が行くことなど、思いもしないのでしょう。

ポイ捨てにいたっては、論外。

拾う人の気持ちになったことなどないし、
道路も何も世界は自分のものだと思っているのかもしれません。



上記とはまったく関係のない話のようですが、
自分の腕一本で食べている仕事仲間たち(男女問わず)と
「男と女のアシスタント、どちらが使えるか?」という話題になると、
みんな必ず「女」と答えるんです。

比較敵男性が多いカメラマンやヘアメイク、デザイナーでさえも、
みんな口をそろえて同じ答え。


なのに、一般に男性は自分のことをどう思っているか?

おもしろいことに、「自分は仕事ができない」と考えている男性って、
私の知るところ皆無なんですよね。


みんな「すごく」あるいは「そこそこ」仕事ができると思っている。

むしろまわりから「仕事ができない」と思われている人ほど、
仕事に対して妙な持論やこだわりがあったりしておかしい。



世界は自分を中心にまわっていて、自分を客観視できない。

だから、謝るべきときにきちんと謝れなくて、
世間から批判や失笑をかったりするオジさんが多いのでは?

公僕のはずの官僚が、私欲と保身のかたまりになってしまうのでは?


男性ばかりを責めるつもりはありません。

実際、男性の身の回りのことを本人に代わって何でもしてしまう
母親あるいは妻の責任も大きいと思います。


でもねえ、大人なんだから、大人らしく行動しましょうよ!

「男はいつまでたっても少年だから」なんて、甘いことを言ってはいけません。

心が少年であることと、行動が少年のままであることは、まったく別のことだからです。

実際、少年の心をもったまま、大人らしいかっこいい振る舞いをする男性も、
たくさん存在しますよ!








c0073025_18573844.gif


ところで、このマーク、最近よく妊婦さんがバッグからぶら下げているんですが、
ご存じですか?


「マタニティマーク」というんですが、厚生労働省の定義では

●妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、
周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの
 
●さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、
その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、
妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの

だそうです。



私の知る限り、女性はかなりの認知率。

ぜひ男性のみなさんもこのマークを下げている人や、
おなかの大きな妊婦さんを見かけたら、席を譲ってあげてくださいね。

だって、あなたも私も、かつてはその大きなおなかから生まれてきたんですから!


そしてできれば、ものすごく空いているのでない限り、優先席には座らないことです。

そこは、本当に座るべき人のための席だから。




……ところで、かくいう私は、マタニティマークをもっていません。

なんだか「席を譲れ」って言ってるみたい?? という気もするからです。


それを友人に言ったら、「マークをつけてると、ひと目で妊婦ってわかるから
つけていてほしい」という声が多数。

逆につけてないと、「太ってるだけかな? それとも妊娠してるのかな? 
席を譲ったら気を悪くしないかな?」と余計な気を遣うそうです。


私の場合、混雑してる電車に乗るのを避けているし、
ここまでおなかが大きくなると妊婦か否か見間違えられることはないので、
次回妊娠時にはぜひつけることを検討したいと思いマス。
[PR]
by hanaoui | 2008-07-27 19:00 | diary
夜露死苦!

最近、わが家で話題なのが、あと2か月ちょっとで生まれてくる子どもの名前。

音や漢字が思い浮かんでは、辞書やサイトで調べたりということをしています。



ある日のわが家の会話。


夫「ヨロシクみたいな名前はいやだ」

わたし「ヨロシクって??」

夫「夜露死苦だよ、夜露死苦。昔、暴走族とかがよく使ってたやつ」

わたし「その表現、古っ(笑)」



でも、調べてみると、確かに“夜露死苦”も真っ青な名前が、あるわあるわ……。

そんな名前ばっかり集めたすごいサイトがこちら

うっかり読み込みはじめると、ものすごくハマるのでご注意!

それでもって、誰かに話したくて仕方なくなるのでご注意!(笑)



それにしても、「煮物」って人につける名前かよ……

「永久恋愛」で「えくれあ」って……

ていうか、「あ●る」とか「せ●れ」とかって、自分の子どもにつける名前じゃないでしょ!!


そのほか、悪意はないものの、子どもの顔を見てつけたとは思えない名前が満載。

そういえば、先日撮影したハーフの赤ちゃんモデルは、
「はな」ちゃんという名前のたいそうかわいい女の子でした。

キツネ目の純日本人顔して「じゅりあ」ちゃんみたいな子が、イマドキたくさんいるのにね……。



わたしも人さまのことは言えた名前ではありませんが、あんまり凝りすぎると、
かえって親の良識とか教養を疑われる世の中になりつつはあるようです。


うーん、名付けってむずかしい!
[PR]
by hanaoui | 2008-07-17 20:40 | diary
ホントに強い人って?

妊娠8か月に突入し、いよいよ妊婦生活も後期です。

産む前に片づけなくてはならないことが山積してますが、ここにきて効率が超低下……とにかく眠いんです。

おなかが大きくなったせいで膀胱が圧迫され、トイレが異常に近いため、夜も熟睡はありません。

仕方がないので、昼寝させてもらいながら、なんとかしのいでます。

ま、あとはすこぶる元気なんですけどネ。



さて、本日はサミット最終日。

近く人の親になるせいか、世の中の動きが気になります。


この子が大きくなったら、この国はどんなふうになっているんだろう?

地球環境は?

戦争は?

食糧危機は?



ニュースを観ても、ここ10年、仕事やプライベートで自分に起こったことを振り返っても、強く感じるのが、何か失敗をしてしまったとき心から頭を下げて謝ることができる人が少ないこと。


「ごめんなさい」を言うと、何かを失うとでも思っているのでしょうか。

ホントは「ごめんなさい」を言っても、その人の尊厳は失われないし、傷つきもしないのに。

むしろ、正直に心の底から「ごめんなさい」と言うことで、初めて受け取れるものもあるはずなのに。




「ごめんなさい」が言えない人は、プライドが高い人ではなく、むしろ勇気のない弱い人だ。


普段からそう思っていたところに、なぜそうなのか、今朝、私にひとつの答えをくれたコラムをご紹介します。



会員登録(無料です)しないと全文読めないかもしれませんが、一読の価値はあります。

本当の強さとは?

嘘をつかないで正直に生きることとは? 

人が本当のプライドをもって生きる方法が書かれていると思います。




本当に強い人として生きる。

己の欲を捨てて、他人の立場でものごとを考える(つまり、思いやりですね)。


このことが求められているのは、いじめ問題にさらされている子どもたちだけではありません。

大人にこそ、必要なんです。



国民から搾取することで頭がいっぱいの政治家、官僚のみなさん、プライドのかけらもない偽装&虚業企業のお偉いさん、ホントわかってる?
[PR]
by hanaoui | 2008-07-09 11:21 | diary
最近ハマッてるもの

c0073025_1121267.jpg



福ちゃんデンマークのむヨーグルト。

普通の飲むヨーグルトに比べると、ややお値段高めですが、濃厚でウマイ!

お通じにも良いそうです。



パッケージもスゴイですが、ウェブサイトもスゴイ。


ちなみに、恵比寿三越地下の食料品売り場で売ってます。
[PR]
by hanaoui | 2008-07-01 11:03 | diary
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.