本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
順調に回復中
一昨日のマンション理事会の忘年会、かなり楽しめました。
19時きっかりに始まって、20時半きっかりに終わりましたけど(笑)。

1000円という会費ながら、メニューはとっても充実!
昔おでん屋さんをやっていたという副理事長さんの奥さんの手づくりおでんや、理事長さんの奥さんのから揚げ、枝豆、白菜の漬け物など、おいしいものがいっぱい!
管理会社からは、ビールの差し入れも。

私はといえば、目下、料理をつくるにはちと不自由な身ですので、事務所にあった芋焼酎の一升瓶を抱えて行きました。
(正確にいうと、一升瓶を抱え、私を忘年会会場の集会所まで送り届けたのは、イワタユウコ嬢です。ついでに、お開きの20時半には電話してお迎えに来てもらいました。)

江戸っ子のお父さんたち、飲んだらいつもよりさらにヒートアップして、脳の血管でも切れたらどうしようと内心心配してましたが、理事長さんなんか飲み始めたら借りてきた猫みたいにおとなしい。
聞けば、お酒はからきし弱いそう。

それでもかなり盛り上がって、次回はお花見をやろうということになりました。
東京では、隣人の顔さえわからないことも珍しくないもの。
でも、世代を超えた付き合いがあれば、昔の恵比寿の様子なんかも聞けちゃったりして、かなりおもしろい。
こんな付き合いも大切だな、と、身も心もホットになった夜でした。

c0073025_239168.jpg

手づくりおでん。プロの味、おいしかった! 江戸前のおでんには、ちくわぶが入ってます。でも、用意してくれた当の副理事長さんは「俺はそんなの、でえっきれい(大嫌い)なんだけどな」

c0073025_2395675.jpg

江戸っ子はみんなピーナッツがお好き。辛いからって「柿」ばっか残したらダメじゃん!




さて、その翌日の昨日は、松葉杖が全然似合わない(ある意味では似合う?)ちょっとおかしなところばかりに行きました。

まず午前中は、仕事のお付き合いもあって、神田のスポーツ用品店へ。
どう考えても、松葉杖で行ったらスキーかスノボのケガに見えるよね!?
スキーは10年以上滑ってないし、スノボはやったこともないんですけどね。

用事を済ませてお昼を食べたあと、仕事仲間が車で原宿まで行くというので、渋谷のスポーツクラブまで送ってもらうことに。
「足を怪我しているのにスポーツクラブ!?」と、お思いでしょうが、私にはある目的がありました。
何を隠そう、1ヶ月の休会手続きです。

当然ですが、松葉杖で受付カウンターに行ったら、みなさんの視線がわたしに集中。
ちょっとギャグマンガみたいだもんねえ、そのキモチ、わかる、わかる。
受付のお姉さんたちは、えらい親切でしたけどね。



日曜日の今日も、家でおとなしくしていることなく、撮影のため世田谷へ。
カメラマンの優しさに甘えて、自宅前まで車でお迎えに来てもらいました。

最近、ある住宅メーカーの仕事をしていて、ほぼ毎月全国の個人宅にうかがっています。
今回で5軒目なのですが、ハッキリ言って、今日のお宅は今まで行ったどこよりもわたし仕様でした。
だって、全館バリアフリーはもちろん、屋内エレベーター付き。
足を痛めて何が一番困るって、段差や階段なんです。

しかも、世田谷の一等地にありながら、オーディオ鑑賞や楽器演奏もできる音楽室まであるゴージャスなお宅。
取材後はものすごく高そうなスピーカーから流れるジャズに耳を傾けつつ、しばし歓談。
一瞬だけリッチな気分を味わったのでした。
っていうか、土地とかお金って、あるところにはあるものなのねえ!


毎日自分でも呆れるくらい出かけてますが、おかげさまで順調に回復してます。
松葉杖も一本になったし。
明日あたりは、そろそろなしでも歩けるかなと思うんですが、人ごみはまだちょっと怖い。

実は松葉杖って、実際の杖の役割以上の役割があるんですよ。
だって、足を引きずってる人間には、みんな気づかずぶつかってくるけど、松葉杖ついている人間のことは避けるでしょ?

明日も使うかどうかは……朝、起きたときの足に聞いてみたいと思います。
[PR]
by hanaoui | 2005-12-18 23:40 | diary
感謝、感激
お見舞い&励まし&心配メール、いろいろとありがとうございます。

なかには、「捻挫が治らないままバッティングセンターに行って、逆にひねった瞬間、治りましたよ」なんていうツワモノからのアドバイスメールも。
それはちょっと避けたい…っていうか、今はゼッタイムリだから。

風邪を引いたときって、心も体も弱ってるのに、そのつらさは本人しかわからないうえ、「うつすなよ」とばかりに、あからさまに避けられたりしますよね。
で、些細なことで凹んだりするものですが、足の怪我ってみんなホント親切なんですよ~。

心はピンピンしているだけに、みんなのサービスっぷりにウキウキ。
だって、何かにつけ最優先。
おいしいお茶も入れてもらえるし、事務所で洗い物しなくていいし、昨日もタクシーで男子2人に送ってもらったし、明日から3日連続送り迎えつきで取材に行ったり、打ち合わせに行ったり……。

もちろん不便は多いし、痛みもあるしで、大変なことも。
でも、こんなときは思い切り甘えちゃえ! とばかりに甘えてます。(スミマセン)

それにしても、わたしの周りには、ホントにやさしい人たちが多いことを実感。
弱い立場の人のキモチがわかった分、いつも強くやさしくあろうと、改めて思いました。


c0073025_16442632.jpg

関係ないですが、夕べは忘年会ではなく、定例のワインの試飲会(一応お仕事)でした。
なんとシャンパンなど泡モノと、フレンチフルコースという、いつになくゴージャスな組み合わせ!
「ペリエ ジュエ」は、ボトルだけでなくお味も芸術品級でした(もちろんお値段も!)。
あ、飲んで食べただけでなく、もちろん原稿書きますのよ。

c0073025_16443574.jpg

アミューズはイチゴとスプマンテ(ちなみに夕べは「チンザノ プロセッコ」)でした。
めちゃくちゃ美味しい組み合わせなので、クリスマスにぜひどうぞ。


今夜はマンションの理事会の忘年会です。
生粋の江戸っ子、べれんめえ口調の理事長さんたちと飲みます(わたしは会計理事)。
ちょっとワクワク。
ちなみに会費は一人1000円です。
場所はマンションの集会所。
…って、お楽しみ会じゃないんだからっ!
[PR]
by hanaoui | 2005-12-16 16:58 | diary
松葉杖デビュー
c0073025_16481394.jpg


2日ほど前、友人宅でいい感じに酔っ払って帰ろうとしたところ、エントランスから道路に出るとき、階段を昇りきったところの先が一段急に下がっていることに気づかず、激しく転倒してしまいました。
凍えそうに寒いなか、あまりの激痛にすぐには立ち上がれなかったのですが、何とかタクシーを捕まえて帰宅。
さっきのはきっと悪い夢だったに違いない、朝起きたらいつもどおりのはず……呪文のように唱えながらベッドに入りました。
が、願いもむなしく、翌朝起きたら痛みで起き上がれない!!

東京に引っ越してから整形外科なんか行ったことないし、ウチはあえてインターネットにつなげてないので(理由は過去のブログを参照してください)、病院がさっぱりわからず。
渋谷区から配られた「しぶやわたしの便利長」は、事務所に起きっぱなしだしなー。
おまけにイワタユウコ嬢は代休とっていないし……というわけで、ヤマザキサトコ嬢にSOS。
無事近所に病院を発見してもらい、何とかタクシーに乗り込みました。


「ああ、こりゃー靭帯も損傷してるね~。ひどい捻挫だな。でも骨は折れてないから、捻挫は捻挫」
痛がる私を見てなぜか楽しそうなお医者さんの診断は、全治2~3週間。
(整形外科医は、絶対Sの気があると思います)
おかげで冒頭のような松葉杖生活を強いられているというわけ。

そんなぁ、仕事はもうほとんど片付いてるからあまり影響ないけど、毎晩入ってる忘年会はどうしたらいいの??
そこのところ、お医者さんに確認すると、「アルコールは飲んでも大丈夫」とか。
「ただし、あまり出歩かないこと」と釘を刺されましたが、前々から決まっているし、一年に一度しか会えない人もいるのにそうも言ってられません。
夕べも今夜も松葉杖で、師走の街に繰り出すタフな(お馬鹿な?)わたしなのでした。


ところで、松葉杖って人生で初めて使っていますが、ホント歩きづらい。
世の中これでもかっていう段差だらけなんですもの。
体の不自由な人にとっては、街を歩くだけでも大変なのだと、つくづく実感!
うちのマンションなんか、エントランスからバリアフリーじゃないし。
おじいちゃん、おばあちゃんも多いのに、これはかわいそう。
来年の大改修のときは、人にやさしいエントランスにしてもらおうね。

さて、自宅から事務所まではタクシーに乗るような距離でもないので、がんばって歩いていますが、歩いている人にどんどん追い越されるカメのような歩みでしか進めません。
今朝は目の前で背中を丸めて手押し車を押すおばあさんに、せめてついていこうと頑張りましたが、結局水を開けられてしまいました(涙)。

でも、ゆっくり歩いているからこそ見えるものもあるわけで……。
それに、松葉杖って、体の具合が明らかに悪いことがわかるからなのか、知らない人も知ってる人も、みんなすごーくやさしい!
ちょっと得した気分だけど、足がちゃんと治ったら、やさしさを恩返しできるわたしであろうと思います。

2005年はとんだ締めくくりになってしまいそうですが、これで余計な憑きモノも落ちたかなー。
実はわたし、呑気なようですが、あまり凹んでいなかったりします。
だって、初体験のことが多いし、新しい発見もたくさんあるから!
あ、でも痛みはまだ全然引いてなかったりするんですけどね。

みなさまも、酔っ払った夜道には、くれぐれもお気をつけあそばせ!
[PR]
by hanaoui | 2005-12-15 17:18 | diary
河合さんちの畑で
恒例の『日経ヘルス』の取材で、河合さんちにお邪魔しました。
冬の畑は、ちょっと淋しい。
c0073025_033416.jpg


河合さんの楽しいお話をうかがいながら、毎回こんなにおいしいものをごちそうになっているのさ。
c0073025_035212.jpg
c0073025_04353.jpg

今回のお題は、ブロッコリーのサラダと赤キャベツのサラダ。
「間に合うのか!?」っていうスケジュールですが、今月末号と、2月頭の号にそれぞれ掲載予定です。
使っている野菜は全部、上の畑で収穫されたもの。
おみやげには、自家製の干し芋をいただきました。
早速、芋焼酎のお供にしようっと。

c0073025_041417.jpg

カメラマンが畑で撮影している間、私にまとわりついて離れなかった子猫。
ノラとは思えない懐っこさ!
でも、このチビちゃんを河合家に連れてきたおとーさん猫は、昨日交通事故で死んでしまったとか。
かわいそうに、天涯孤独の身なのね。
がんばれ、チビ猫。
[PR]
by hanaoui | 2005-12-09 00:15 | diary
一年間のご褒美に
「たまにはランチでもしましょうか」
昨日の電話のそんなひと言で、スタイリストのHさんとの打ち合わせは、ランチミーティングに。
外でゆっくりランチなんて、いつ以来でしょう!

Hさんは、小学校1年生の男の子をもつシングルマザー。
スタイリストさんだから当然なんですが、いつもとってもオシャレで明るくて、仕事の面でも尊敬できる大先輩です。

仕事の打ち合わせをささっと済ませたあとは、女同士、延々と他愛のないおしゃべり。
午後は人に会う予定がないのをいいことに、グラスワインなんか飲んじゃったりして。(だって、1杯180円なんだもん!)

Hさんの息子、Uくんのことは、小さい頃から知っているせいか、近況を聞くのもとっても楽しい。
素直で甘えん坊だから、かわいくて!
顔を合わせたときは、私もつい本気になって遊んでしまうのです。

前回会ったのは、今年の2月くらい。
とある仕事仲間の独立お祝いに、私が幹事になって、いつも仕事をするメンバーが20名ほども集まり、大宴会をしたのです。
多忙な人が多いなか、ビックリするような高出席率でした。

そのとき、Hさんと一緒にUくんも来てくれて、眠い目をこすりながら、なんと0時近くまで参加。
良識ある普通の人が聞いたら、「そんな時間まで子どもを連れまわすなんて、とんでもない!」と怒り出すかもしれないけれど、普段、大人の男性に甘える機会の少ないUくんにとっては、貴重な時間だったに違いないのです。
事実、カメラマンやヘアメイクなど、中年のおじさんたちに、とっかえひっかえかわいがられ、Uくんはとってもうれしそうでした。

大体、私たち大人にとっても、そんなに大人数で集まる機会はめったにありません。
飲みに行くときは、大抵2人。多くても3~4人くらい。
私がもっているのもごく小さな会社だし、フリーランスで活動している人も多いので、大きな会社に勤めていれば誰もが経験するであろう宴会というものが、ほとんどないのです。
だから先の宴会は、みんなにも目新しい出来事だったせいか、めちゃくちゃ盛り上がりました。
後日、参加したメンバーから「楽しかった、楽しかった」と、口々に言ってもらうことができたほどです。

それが今日、Hさんと話していたら、何となくまたやってもいいかな、という気分に。
こういうのは、言い出しっぺがいないと実現しないし、来年のことはわからないけど、今年なら言い出しっぺの務めも果せそうだし……それに、Uくんだってまたきっと楽しんでくれるでしょう。

というわけで、クリエーターのみなさま、後日集合をかけさせていただきたいと思います。
一年間頑張ったんだもの、たまにはドンチャン騒ぎもいいよね?
[PR]
by hanaoui | 2005-12-07 20:01 | diary
晴れの日のために
本日、オーダーメイドの2回目の打ち合わせに、お客様がご来店。
1回目のときにおうかがいしたお客様のご要望に合わせ、奥野元子がデザイン画を起こしました。

c0073025_19205184.jpg


デザインはいつも2パターンご提案させていただきます。
うーん、私もつくってもらいたい!

今回のドレスは、お客様の成人式の着物をほどいて仕立てます。
どんなドレスになるかは、お楽しみ!

c0073025_1921410.jpg

華やかで素敵な振袖です。
お呼ばれしている結婚式で着るそうですが、花嫁さんより目立ってしまうかも…。
[PR]
by hanaoui | 2005-12-03 19:24 | hana oui
冬支度
師走に突入!
2005年もあっという間に終わろうとしています。

おかげさまで今年の仕事は、ようやくひと段落。
睡眠時間も、たっぷり6時間以上とれるようになりました。
最近は飲み歩きも復活させつつ、遅ればせながら読書の季節とばかりに、『生協の白石さん』ほか、買い込んでいた本を手当たり次第に読破中。


ところで、12月の声を聞いた途端、都内の道路は大渋滞。
タクシーに乗ってもなかなか目的地に着きません。
そこで、夕方、表参道から地下鉄に乗ろうとしたら…そう、今日は駅の地下街(Echikaというそうです)のオープニングデー。
おかげで、人、人、人……。
前評判の高かったパン屋さんでフランスパンを1本買って帰ろうと思ったら、ご覧のとおりの大行列であっさり諦めました。
(結局地上にあるいつものアンデルセンで購入。地下街に負けるな、がんばれ! アンデルセン!)

c0073025_193560.jpg



まったく師走の東京って、何てせわしないんでしょう!
でもね……よく見ると、人だけじゃなくて、春には満開の桜を咲かせていた桜並木も、冬支度してます。
これは今朝、出社するときに拾った落ち葉。
c0073025_1925074.jpg

4月にはあんなに若々しい緑だった桜の葉も、このとおり。
でも、この秋色、だーい好き。
暖かい季節にお日様をたくさん集めた色……って感じがしませんか?

そういえば、夕べ仕事を終えてから六本木ヒルズに観に行った「ALWAYS 三丁目の夕日」のラストシーンも胸に染みました。
懐かしくて、あったかくて、切なくて、日本人でよかったって思える映画です。
ハリウッドには絶対に表現できない日本があります。
まだ観ていない方はぜひ。
[PR]
by hanaoui | 2005-12-02 19:15 | diary
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.