本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:diary( 448 )
岡本敏子さん追悼の記
今朝、岡本太郎記念館館長の岡本敏子さんが逝去されました。

昨年末、某誌の8ページに及ぶ巻頭インタビューの取材で初めてお会いして、その人柄にすっかり魅せられてしまった私は、以来、何かにとり憑かれたように敏子さんの著作を片っ端から読破。

次にお会いする機会があったら、この間聞けなかったことをあれこれ聞こうと思っていたのに。
またお顔を見に、岡本太郎記念館に行こうと思っていたのに。


「太郎さんが亡くなって、淋しくありませんか」
50年間、秘書として養女として岡本太郎氏に寄り添い、公私ともに支え続けた敏子さんに、ありきたりな質問とわかっていながら、聞かずにはいられませんでした。

愛する人を失う哀しみは、私には計り知れないものだから。
でも、生きている限り、必ず直面することだから。
そして、目の前にいるすでに直面した人が、あまりに朗らかな笑顔を浮かべていたから。

何遍もくり返し浴びたであろうこの問いに、彼女は嫌な顔をするどころか、にっこり笑ってこう答えました。

「淋しいなんて思ったことないわ。だって太郎さんはここにいるんですもの。あなたも太郎さんを感じない?」

記念館に足を踏み入れた途端、何かざわざわと心が騒ぐのを感じていた私は、その瞬間、思わず鳥肌が立ってしまいました。
本当に太郎氏の息遣いを感じたような気がしたからです。

それは怖いとかそういう類のものではなく、むしろ「死」に対しての新しい発見であり、喜びに近い感覚のものでした。

インタビューの2週間後、私を可愛がってくれた祖父が亡くなりました。
そのとき、哀しみに打ちのめされることなく、穏やかな気持ちで旅立ちを見送ることができたのは、敏子さんとの出逢いが大きかったように思います。

「たとえ肉体はそばにいなくても、存在は消えない。本当よ」



夕べ遅く、別のインタビュー原稿を書いているとき、ちょっと行き詰まって、何気なく自分が書いた敏子さんのインタビューページを開きました。
もしかしたら、何かが私にそうさせたのかもしれません。

毎回同じカメラマンに撮影をお願いしているそのインタビュー写真は、一連のシリーズのなかでも特に私のお気に入りです。

太陽をモチーフにした太郎氏の作品をバックに、両手をいっぱいに広げ、満面に笑みを浮かべる彼女の姿は、まるで後光が射しているお釈迦様のようにも見えます。

<老いるとは、衰えることではない。年とともにますますひらき、ひらききったところでドウと倒れるのが死なんだ。>

そう言ったのは、岡本太郎氏です。
その言葉のとおり、岡本敏子さんはひらききるまで今を生き抜いたのでしょう。

お見事でした。
心からご冥福をお祈り申し上げます。




c0073025_21325011.jpg

[PR]
by hanaoui | 2005-04-20 21:40 | diary
FAROGに登場!
ファロ・デザインのFAROGで、先週開いたオープニングパーティーの様子が紹介されてます。
よかったらぜひチェックしてみてください。

狭いオフィスの使い勝手をよくするために、もう少し片づけをしなくちゃいけないんですが、原稿の締め切りがぁぁぁ…。
明日までにあと3本。
ブログ書いてる場合じゃないよって。 
[PR]
by hanaoui | 2005-04-19 13:13 | diary
一度で二度美味しいスローフード
『日経ヘルス』で連載を担当しているスローフードの取材のため、千葉県・成東町の河合勝幸さん宅へ。ここへは2ヶ月に一度お邪魔して、毎回2号分の取材をまとめてしているのです。

河合さんは元フランス料理のシェフで、今は会社を営む傍ら、地中海食を極めてヘルシーな食生活を送ったり、畑を耕したりと、自らスローライフを実践されています。

この日のテーマは、トマトと魚介。
イカ墨のパエリア、美味しそうでしょ?

c0073025_227533.jpg



実際、とっても美味しかったんです!
思わずおかわりしちゃいました。

河合さんの楽しいお話を聞きながら、毎回こんなに美味しいゴハンが食べられちゃう私と担当編集者の藤井省吾さんは、本当に幸せ者だと思います。

しかもさらにうれしいことに、この連載、東京に戻ってから、料理の撮影もあるんですよねー。
河合さんのレシピをフードスタイリストの高橋るりさんが再現し、それをカメラマンの白根正治さんが撮影するというわけです。

もちろん、撮影した料理はスタッフ全員でいただきます。
しかも、必ずワインとともに!
夕方、事務所に戻る頃には、すっかり出来上がっているというわけです。
(とうとうバラしちゃったけど、うちのスタッフは気づいているかしら?)

このチームで連載を始めて3年以上も経つため、写真もレシピもかなりたまってきました。
そろそろ本にまとめて11月頃には出版しようと、算段しているところです。

実は河合さんのレシピは、スタッフ全員が自宅でつくるほど、簡単で美味しいのです。
白根さんの写真も、るりさんのスタイリングもめちゃくちゃセンスがいいので、いい本になること間違いなし!

っていうか、私が編集するんでした。
責任重大。頑張らなくちゃ!
[PR]
by hanaoui | 2005-04-12 22:06 | diary
待てば海路の日和あり
朝は雨も小ぶりでどちらかというと暖かかったのに、昼前に本降りになったら、ひどく寒い一日になってしまいましたね。

バタバタしながら事務所で仕事をしていると、夕方、不動産屋さんから携帯電話にコール。
あっ、そういえば、物件の下見に行く約束をしていたんだった!

実は今月中には自分も引っ越ししなければならないというのに、このところ事務所の引っ越し作業にばかり労力をとられ、まだ新居も見つけていなかったのです。

ま、何とかなるさ。
きっと見つかるさ。

本気でこう思っている私に、友人たちは「まだ見つけてないの!」「やばいんじゃないの!?」と、いい加減呆れ顔。

大丈夫。
心配には及びません!
そろそろ本腰入れて探しますとも!



そして結果は・・・










3件見てまわったうちの1件に決定!


日当たりのいい南向きの部屋を、予算より随分安い家賃で借りることになりました。
(4月に入って大家さんがあせったのか、今日になったら前日FAXで受け取った募集価格より家賃が下がっていたのです)

しかも新事務所へも徒歩圏内。


残りものには福があるってホントですね!
今年度も強運・オグラナオヨは健在のようです♪


わーん、でもまた引っ越し作業だ~。
とほほ・・・。

この間読んだ片付け本の効力がそろそろ切れてきたから、もう一度、読み直そうかしら。
[PR]
by hanaoui | 2005-04-11 23:33 | diary
新聞沙汰になりました
今朝の「フジサンケイ ビジネスアイ」に、ホントに載っちゃいました。
犯罪もせずに新聞に載る機会は、めったにあるもんじゃないですよね。

連載タイトルは「輝く――日本の女性起業家」だそうです。
何だか私、すごい人みたいですね!

ちなみに関西・名古屋版はカラーなんだそうです。
それもまたすごい話ですよねー。
だって、カラーページってコストかかるんですよ。
スミ一色刷りなら一版で済むところ、四色分解して四版で刷るんですから。

全国のキオスク、一部のコンビニなどで手に入るそうです。
よろしければ、一部100円ですから、今から買いに走ってください。



c0073025_1211792.jpg

[PR]
by hanaoui | 2005-04-09 12:06 | diary
トーキョー・ハッピー・ナイト
最近、毎週火曜日の夜は、某酒造メーカーのカクテルスクールに通っています。

酔っ払いながら聞いてもいい授業があるなんて、目からウロコです。
授業の内容も先生もとってもおもしろいので、どんなに忙しくても必ず行くようにしています。
(その代わり、酔ったまま事務所に戻り、原稿を書くこともしばしば…)

さて、昨晩はスクールのあと、たまたまいつも近くの席に座っている同じ年頃の女性ふたりと飲みに行くことに。

毎週顔を合わせるだけで、3人とも互いの素性などもちろん知る由もなく、名前や職業を聞いたのも初めて。
ひとりはOL経験の後、資格を取得した看護師さん、もうひとりは離婚を決めて家を出たばかりの主婦でした。
(いろんな人生があるもんですね!)

カクテルスクールに通うからには、みんな飲めない口ではありません。
スクールでもしっかり飲んでいい気分のところに、四谷三丁目にあるビストロで、白ワインと食後のリキュールをいただきました。

今年初めて(!)仕事がひと段落したのと、何とか引っ越しできたのと、楽しく飲めたのとで、たがが外れてしまったのでしょうか。
すっかりいい気分になってしまった私。

こういうときは、そのまま真っ直ぐ家に帰ることは、まずありません。
(酔っ払って調子に乗ったり、あるいは逆に飲んだ相手が楽しくなかったりすると、私には「バーをひとりではしごする」という悪癖があります)

駅でふたりを見送ったあと、ひとりタクシーに乗り、久しぶりに六本木のとあるバーに寄ることに。

この店は、六本木ヒルズのすぐ近くにあるんですが、正真正銘の隠れ家バー。
空間の割にかなり贅沢なつくりで、カウンターはたった3席(!)しかありません。
このほかには、数人で囲める大きなアンティークのテーブルのほか、窓辺につくりつけられたテーブルがあるだけ。

本棚にはオーナーさんの蔵書が収められ(これがなかなか渋いセレクト!)、自由に閲覧することができます。
そして、店を守る腕のいいバーテンダーがひとり。

バーテンダーというよりは、見た目、お寿司屋さんとか魚屋さんといった雰囲気なんですが、彼のつくるお酒は本当に美味!
私にとっては、心からホッとできる特別な場所なので、実はここに人を連れてくることはそう多くありません。

この晩の先客は、常連のMさん。
お酒の話で相当盛り上がった気がしますが、何せすでにかなりの酒量で、よく覚えてません…。

先ほどMさんが、昨晩いつのまにやら撮影したらしいデジカメ画像をメールで送ってくれたので、ここに3席のカウンターバーをこっそりご紹介しちゃいます。

c0073025_2132029.jpg


うーん、何だかかなり楽しそうだぞ、酔っ払いの私。


おかげで今日は完璧寝不足&二日酔い。
(ちょっと反省)

ところで、今日はホントにキモチのいいお天気でしたね。
寝不足&花粉症で充血気味の目には、眩しすぎる陽射しでした。

午後、大和書房から講談社に向かう途中、ちょっとだけ時間があったので、桜が満開の神田川沿いを歩いてみました。

のんびりビールでも飲めたらいいのになあ…夕べのことはすっかり忘れて、思わずそんなセリフが頭をよぎってしまうあたり、やっぱり反省が足りないのかもしれません。

c0073025_2165152.jpg

[PR]
by hanaoui | 2005-04-06 21:19 | diary
引っ越し完了。
オフィス&ショウルームの引っ越し、完了しました。

夕方からいろいろトラブルが発生して、さっきようやく電話とFAX、インターネットがつながったところです。
はぁ~お腹が空いた!


ショウルーム内には、空いていないダンボール箱がいくつか転がっていて、お客様をお呼びできる状態になるまではまだちょっと時間がかかりそうです。

“片付け本”の効果がまだ続いているとはいえ、引っ越し作業にはかなり飽き飽きしてきました。
が、それもあと少し。
がんばります!



c0073025_2214689.jpg

引っ越しとは関係ないですが、hana ouiの新作ワンピース画像をいち早くお届けします! レトロ&フェミニンでステキでしょ? 価格未定。
[PR]
by hanaoui | 2005-04-04 22:10 | diary
ガラクタよ、さらば!
ものの本によれば、「収納」とは「モノをしまい込む」のではなく、「モノを出して使うために行なう」らしいです。
また、書類の95%は不必要なものだとか。

多少雑然としていてもあまり気にならないO型の私には、かなり耳が痛い話です。

実は来週末にオフィスの引っ越しを控え、3冊の片付け本を読破。
おかげで、ただ今、やる気満々で荷造り&ガラクタ処分中です。

c0073025_15341162.jpg


捨てるかどうか迷ったら、「これはこの先、使うことがあると思う?」と自問。
すると、大抵のモノが「No」なんですよね。

ちなみに、「これは高かったから」と、買ったときに支払った金額が頭をよぎってモノが捨てられない人は、かなり損をしているらしいです。
なぜなら、そのお金はもう二度と返ってくることはないし、使わないモノのためにスペースを割くことは、さらにお金が飛んでいくことにつながるから。

たとえば、持ち物の3分の1が使わないモノなら、本来は3分の2のスペースで暮らせるわけです。
つまり、その分、家賃が少なく済んだり、整理整頓しやすくなって探し物をする時間が減ったり、掃除がしやすくなったり、いいことづくめということ。

しかも、使わないモノたちは、その人の「気」さえ滞らせてしまうのだとか。
あまり好きでないものに囲まれて暮らしている人、整頓しなくちゃと思いながらガラクタに囲まれて暮らしている人も、どんどん運気が下がるそうです。

これは、人と同じでモノにも「気」があり、常に私たちに語りかけているから。
たとえば、使った食器は「洗ってよ、洗ってよ」と言うし、洗ったら洗ったで、今度は「食器棚に仕舞ってよ、仕舞ってよ」と言う・・・・・・。

いただきモノや衝動買いしたモノも同じ。
結局、気に入らないとなかなか使う気持ちになれず、だからといって捨ててしまうのは抵抗がある。でも、目に付くところにあるのも、気分がよくないものですよね。

それらの声を無視してほったらかしにしていても、私たちの心のどこかにいつも引っかかって、その結果、私たち自身のエネルギーを下げてしまうというのです。
心配事や「やらねばならぬリスト」は少ないほうが、確かに気楽に暮らせますよね。

「いつかやろう」と放ってあったことは、「今やらなくちゃ一生やらない」というわけで、週末、所用があって実家に帰っていた私は、何年も上がったことのない屋根裏に上がり、ダンボール7箱分を処分してきました。
(正しくは、ゴミ出しをするのは両親なんですが・・・)

生徒手帳、子どもの頃遊んだ折り紙の残り、ぬいぐるみなど、不要なモノがあるわあるわ・・・・・・。
中学の教科書とか大学受験参考書、大学の法律書(これでも法学部だったんです。大抵の人は「らしくない」と驚くけど)など、もう二度と開かない本はリサイクルへ。

中学時代の部活日誌や高校時代の日記帳は、こっそり持ち帰ってきました。
来月中に自宅も引っ越しするので、そのとき、一度目を通してから処分しようと思います。
だって、自分が死んだあと、遺品整理をする家族に中身を見られたら、それこそ“死ぬほど”恥ずかしいモノばかりだから!!

もう使わないけれど、とっておきたい思い出の品は、デジカメで撮影してからサヨナラする予定です。

c0073025_15342250.jpg


この写真は、ちょうど2年前、南青山のスパイラルで小社が主催した「Neo Japanese」というイベントで使ったディスプレイ。

イベントの直前、アメリカ軍がイラク攻撃を始めたというニュースが、世界中を駆け巡りました。
「私たちにもできることをしたい。戦争には絶対に反対だっていうことを、意思表示したい」というデザイナーの奥野元子の言葉を受け、当時、ハワイから一時帰国していたプロデューサーの神宮寺愛が、イベントの設営時に急遽その場でこしらえたのです。

これらは、イベント会期中ずっと、hana ouiの服たちのそばでひっそりと、でもしっかりと私たちのキモチを訴えていたのでした。

そして、今でも私にこう語りかけてくるのです。
「今もイラクでたくさんの命が失われていること、何よりも私たち自身が、平和な毎日を生きることこそが大切なことを、決して忘れないでね」

現物はもう使わないので(もう二度とこういうものをつくらずに済みますように!)処分しますが、画像に残せばいつでもそのときのキモチに戻れるというわけです。
捨てるときはもちろん、「ご苦労さま、ありがとう」のひと声をかけて。

ちなみに、こうやって一つ一つモノと対峙し、その声に耳を傾けることは、むやみやたらと買い物をしなくなることでもあるそう。
捨てる痛みを知っているからこそ、本当に必要なものだけを買うようになるというわけです。
逆にモノをため込む人は、痛みを知らないから衝動買いを繰り返すそうですよ。
(アイタタタッ)
[PR]
by hanaoui | 2005-03-28 18:07 | diary
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.