本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
決めつけないで!


先月、渋谷区の母親学級に参加したときのこと。

栄養士さんによる栄養指導の時間、なんともいえない違和感を覚えてしまいました。


栄養士さん「妊娠してから何を多く食べるように心がけていますか?」

わたし「豆類です」

栄養士さん「どんな種類の豆ですか?」

わたし「納豆とか豆腐とか、味噌汁とか……高野豆腐も食べるし、
今の時期ならそら豆、グリーンピースとか。乾物だとレンズ豆を使うこともあります」

栄養士さん「それはいいですね。ダンナさんの健康管理にも役立ちますから、
ぜひ続けてください」

わたし「……」

栄養士さん「○○○は×××して食べるといいですよ。ダンナさんの晩酌にもぴったりです」

わたし「………」



ていうか話全体が、“妻であるわたしがつくる”ってことが前提になってない?

そもそも夫の健康管理って、妻の責任なの?


我が家の場合、わたしが料理することもあるけど、夫が担当することもしょっちゅう。

時間的ゆとりがあるほうが買い物に行くし、料理するし、後片付けするし、掃除や洗濯をする。

ふたりで分担することもあれば、全部ひとりですることもある。

ふたりとも時間がなければ外食で済ますし、掃除や洗濯は週末にまとめて、ということも。


なのに、なんだろう?

最初から決まってるような口ぶりは。




わたしはフェミニストじゃないし、何もかも「ジェンダーフリー」って考え方には、
正直違和感を覚えます。

実際男と女は大きな差があるし、男は男らしく、女は女らしくって、いいことだと思う。


でもねえ、家のことは妻、外のことは夫みたいに
役割は性別で決められるべきものじゃない。

もっとフレキシブルに構えましょうよ。

だって臨機応変なものであるほうが、当人たちにとって便利じゃない?



そろそろベビー用品を買い揃えようかな、とお店に行くと、
いまだに「女の子はピンク系」「男の子はブルー系」と明らかな色区別があって、辟易します。

赤ちゃんからそんなこと押し付けるから、色彩感覚が育たないうえ、
男女の既成概念から抜け出せない大人に育っちゃうんだってば!!

おなかの命が「男の子」と聞いて、ブルーをすすめる店員を横目に
白やベージュ、鮮やかな発色のオレンジ、グリーンなどを手に取るわたし。


そういえば、私が保育園に通ってた頃、保育園の女の子用トイレは、
個室の扉の色がピンク、黄色、水色に塗り分けられていたっけ。

女の子たちに絶大な人気があったのは、ピンクの扉だったんですが、
わたしはそのことをちょっぴり鼻で笑いながら
別の色の扉を選ぶようなアマノジャクな子どもでした。

アマノジャクがいい(生きやすい)とは思わないけれど、
当たり前と思われている感覚に「?」をつけるのは、必要なことだと思うのです。


それにおなかのチビすけが将来、自分の身の回りのことも健康管理もできない、
休日は家事も何せずに家でゴロゴロしているだけの男に育ってしまったら、
母親であるわたしの恥ですからね。

できるだけ役割フリー、既成概念フリーに育てたいと思ってマス。
[PR]
by hanaoui | 2008-06-25 09:56 | diary
<< 最近ハマッてるもの オバさん観察考@デパ地下スーパー >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.