本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おいしいものさえあれば


――オグラさんの撮影日は、いつもお弁当がおいしい。

とてもうれしいことに、撮影スタッフによく言われる言葉。
(実は今日も言われちゃいました!……って、わたしがメニューを決めたわけではなく、カメラマンのリクエストだったんですけれども)



でもね、これ、当たり前なんです。
だって、わたし自身が誰よりおいしいもの大好きの食いしん坊なんだもの!

にゃはははは。

横浜でロケがあれば、中華街からお弁当を届けさせるし(こういうときは、アシスタントが出前してくれる店を必死で探します)、スタッフの人数が少なくてちょっぴり予算に余裕があるときは、豪華お弁当だって手配しちゃう!



これはずーっと昔、師匠に最初に教わってからずっとつづけていること。

とある巨匠カメラマンの撮影で、師匠は撮影現場に当時はまだ珍しかった高級スイーツをたくさん持ち込みました。
それは色とりどりで、実に美しく、おいしいお菓子たちでした。

思わずうっとりするわたしに、師匠は言いました。

「わたしたち編集者が撮影現場でできる仕事は、写真の確認と、撮影が段取りどおりスムーズに運ぶよう気を配ることだけ。そのなかには、現場のムードづくりや、おいしいものの手配も含まれるのよ」


撮影現場が明るければ、仕事も楽しい。
おいしいものさえあれば、ちょっとくらい過酷な仕事もがんばれる。


いつも撮影がスムーズに行くのは、もちろんその道のプロであるスタッフ一人ひとりの腕のおかげだけど、おいしいものの力もちょっぴりあるかな、と思ったりもするのです。
[PR]
by hanaoui | 2007-06-26 18:23 | diary
<< 幸運の星 オクラとオグラ >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.