本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
油について、みたび
南の島にいる間に、厚生労働省よりトランス型脂肪酸についての回答がきました。
担当者の署名もないため、全文そのまま掲載します。

厚生労働省食品安全部新開発食品保健対策室です。
トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングなどの加工油脂や、これらを原料として製造される食品のほか、 自然界においての牛などの反芻動物の脂肪や肉などに含まれる脂肪酸の一種であり、大量に摂取することで、 動脈硬化などによる心臓疾患のリスクを高めるとの報告があり、また、飽和脂肪酸と同じように、 トランス脂肪酸の摂取と心臓疾患のリスク増大には相関関係がある可能性が指摘されています。
しかし、現在の日本人の食生活では、トランス脂肪酸の摂取量は少なく、 平成16年7月に食品安全委員会において健康への影響は小さい旨、評価されております。
脂肪は三大栄養素の中で単位あたり最も大きなエネルギー供給源で、脂溶性ビタミンの溶媒になる 大切な栄養素でありますが、日本の食生活指針で謳っているように、脂肪全体量のとりすぎに注意し、 動物、植物、魚由来の脂肪をバランスよくとることが大切です。
トランス脂肪酸についての情報は、内閣府食品安全委員会のホームページ上のファクトシートにより 公表されておりますのでご参照ください。


●体に悪い影響を及ぼすことがわかっているトランス型脂肪酸について、厚生労働省では何か対策をとっているのか?
●厚生労働省でお墨付きを与えている「特定保健用食品」にも、トランス型脂肪酸が含まれているが、これは消費者に誤解を与えるものではないか?
という旨の質問をしたのですが、いずれに対しても明確な答えはなし。

量が少なかったら、“食べられるプラスチック”は、口にしてもいいということなのか??
トランス型脂肪酸は、この国のほとんどすべての油を使った加工品に含まれているというのに、ほったらかしという無神経さ。
トランス型脂肪酸の有無をキッパリと表示している他国にいて、自国の食文化を憂う夜更けです。
[PR]
by hanaoui | 2007-02-16 17:30 | diary
<< over the rainbo... horseback riding! >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.