本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
再会。それぞれの道
昨日、高校の同窓会がありました。
あれから17年も経ったのね!!
数名ですが、先生も見えて、懐かしい顔、顔、顔!

私にとっての高校3年間は、楽しかったけど、苦しいこともいっぱいあって。
私の人生では、結構不自由で一番流されながら生きていた時代。

まあ、何が不自由かって、それまで学校の授業なんてチョロイと思っていたのが、高校に入った途端、まったくわかんなくなっちゃんたんですよ(笑)。
子どもの頃から、勉強の習慣があまりなかったことも災いしました。

しかも割と有名な進学校だったんで、まわりのみんなはすごーく真面目に勉強してたんですね。
当然、あっという間に置いてけぼり。

でもね、勉強できなくたって本も書けちゃうし、サラリーマンやれなくたってゴハンも食べられる。
ちょっとばっかり(?)王道とは逸れちゃった人生だけど、まあ、今はなかなか幸せにやってます。
そんなところをちょっとは見せられて、担任のI先生(現国担当)は安心したかな?

ちなみに、I先生の授業は、勉強のできない私にもとてもおもしろく(成績は悪かったけど)、その後、先生がつくったプリントに出てきた作家の本は、大学に入ってからたくさん読みました。
今の仕事にもちょっぴり役立っているかな? と思ったりすることもあったりするのです。

とまあ、勉強はとっくに諦め、部活と恋とイベント(文化祭、球技大会、遠足など)にうつつを抜かしていた高校時代でしたが、先生たちにとって私たちは特別な学年だったようで。
昨日初めて知ったことですが、のちのち先生たちのあいだで語り草になるほど、私たちの代はいい学年だったそうです。


c0073025_2128425.jpg

幹事役の悪友に頼まれ、店の前に出すウェルカムボードをつくりました。
手作業で何かをする時間がなかったので、2週間ほど前、学校の正門まで行って写真を撮ってきました。
写真を加工してくれたのは、同居人。
私は隣でクチ(立派なマウス!)を動かす係。
事務所にあった貼れパネと、いつぞやの撮影で使ったペーパーに貼り付けて完成!
飾りのお花は、紙をチョキチョキはさみで切って、画鋲でとめただけ。
非常に簡単ですが、けっこう見栄えがするでしょ?

ちなみに一番大きな写真は、正門をくぐったところ。
みんな毎朝ここを通っていたのねえ!
……って、私は自転車または徒歩通学だったため、もっぱら西門か破れたフェンスを利用。
あんまり正門は使わなかったのでした。

c0073025_2128101.jpg

1年生のとき、同じクラスだった鐘ヶ江カオル嬢が、一次会で自作の歌を歌ってくれました。
なんと32歳のとき、音楽にめざめ、今は会社勤めをしながらライブハウスで歌を歌っているそう!!

夢はいつから追いかけてもいいんだよね。
そして、実現することもできる。
パワフル&ソウルフルな歌声に、大いに励まされたのでした。
ときどき恵比寿でライブに立つそう。
今度ゼッタイ応援に行くよ~!!

ちなみに1年のときのクラスは、美術選択クラスだったため、約48名中女子がたったの9名!
入学式の後、教室に入ったら、女子の席が1列半しかないのに衝撃を受けた覚えがあります。

c0073025_21281537.jpg

二次会の最後に、みんなで校歌を歌いました。
すんごく時間が経ってるのに、意外と覚えてるもんですね。
(古い学校なので、歌詞がやたらと難しいんですが)

当時あった応援団の振りを真似しているのは、幹事のMさん(女子)。
う~ん、オトコ前すぎる。

c0073025_21282197.jpg

3年D組で記念写真。
真ん中が、担任のI先生。
ひゃ~、全然変わらないよ!

いちばん右のYくんは、卒業式以来の再会!
当時は山の中に住んでて、学校が遠くて、雨が降るとバスが遅れて遅刻してた彼。
今は海のそばに住んでて、2児のパパだって!

17年前、確かに同じ場所にいて、同じ空気を吸っていたのに、今は住むところも、仕事もみんなバラバラ。
家族がいたり、独身だったり。
久しぶりにひとつの場所に集まっても、明日はまたそれぞれの道を歩いてく。

また会いましょう。
それまで毎日必死に、でも笑って生きていきましょう。
[PR]
by hanaoui | 2006-10-08 21:28 | diary
<< 江戸っ子おぢさん ピクニック手芸♪ >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.