本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
たまちゃんじゃない!
先日、バッテリー交換のため、iPodを修理に出しました。
最低一週間は覚悟していたのですが、修理センターに送った3日後には、もう手元に戻ってきてビックリ。
「さすがアップルさん、素早い対応♪」
ウキウキしながら箱を開けると、そこには見知らぬコが入っていました。

「こ、これは……たまちゃんじゃないっっ!!」

送られてきたのは、確かに私が使っていたものと同型であるものの、傷ひとつない新品だったのです。
(ちなみにiPodには好きな名前を登録できるため、私は当時実家で飼っていた犬の愛称「たま」と名付けました。)

添付の説明書きを見ると
交換されたiPodは、新品または中古品、再生品のいずれかになります。アップル製品保証、ACPP契約ならびに修理規約にしたがって、お客様がお使いになっていたiPodは、交換され、返却はされません
とありました。

何かヘン。何か解せない。
「バッテリー交換代(6,800円)で新品が手に入った!」なんて、素直に喜べないぞ。

たまちゃんは、購入してから3年近く経つけれど、今までトラブルなく動いていたのです。
なのに、バッテリー交換くらいで新品を送ってくるなんて!
たまちゃんが修理再生される機会があればいいけれど、あんなに傷だらけだったんだもの、廃棄処分されちゃうに決まっています。
(かわいそうなたまちゃん!)

常に新しいチャレンジをして、なおかつデザイン性も追及する姿勢は支持するけれど、企業としてそれはどうなの?
「もう古いモデルだから」と新品に買い換えるより、バッテリー交換して寿命が尽きるまで愛用したいと思うユーザーもいるんだよ?
製造中止になったモデルの新品がいまだあるということは、明らかにつくり過ぎているってことだよね?
つくりっぱなしで修理せず、過剰な在庫品と交換なんて、イマドキ地球にやさしくないよね?
第一、ユーザーの愛用品を大切にできないんじゃ、わざわざiPodに名前つけさすなー! 愛着湧いちゃうじゃんかー!

電化製品の技術の進化の早さには敬意を表するけれど、こんな使い捨て風潮には感心できない。
一番新しいのを買っても、すぐに古くなるだけだもの。
ならば、いいモノを長くゆっくり使いたいと思うのです。


がっ、夕べ第5世代のiPodで動画を見せてもらったり、iDJというオモシロ機械を触らせてもらって、新しいiPodが欲しくなっちゃったのも事実。
(たまちゃん、ごめん。)

自宅専用にもう1コ買おうかなぁ……。
ああ、もう消費者ってワガママすぎ。


c0073025_15581722.jpg

これが「たま2号」。うーん、ピカピカすぎてまぶしい……。ええ、どうせモデルは古いのよ。画面、モノクロで暗いところだと見にくいし。でもまだ十分使えたんだから!

c0073025_15593089.jpg

T氏がもってきてくれた米Numark社製の「iDJ」。2つのiPodを接続してミキシングできちゃうスゴイ機械にみんなで大興奮。T氏曰く「見知らぬiPod同士で、『こんばんは』できる新しいコミュニケーションツール」だそう。
[PR]
by hanaoui | 2006-02-18 16:08 | diary
<< やっててよかった オンナゴコロのカンドコロ >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.