本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オンナゴコロのカンドコロ
日々、いろんな出来事が起こって、書きたいことがいっぱいあるのに、ちっとも追いつけず……。

昨晩、美しい年上の飲み友だちと南青山でビールとタイ料理に舌鼓を打ったあと、昨年末に友人がオープンした西麻布のタロットバーに足を向けました。

以前、コラムに書いたことがありますが、私は占いを信じるクチではありません。
特に占星術のような、すでに運勢が決められているものは。
でも、タロットのような偶然の要素の高いものには惹かれます。
何だろう、そのときの自分の運試しのようなつもりでいるからかな。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、一軒目の飲み屋のマスターのタケちゃんに「これからこの近くのタロットバーに行くんだよ」と話すと、「タロットはね、占いじゃないんだよ。その人の状態を表すカードが出るだけ。だからね、当たるのは当然なの。楽しんでおいで」と言われました。

うんうん、そうだよね。
これは「今の私」を客観的に見るチャンスなんだ。

朝日通りの途中にあるお目当てのバーは、小ぢんまりして、女らしい雰囲気でいい感じ。
お客さんは当然のことながら(?)女性ばっかり。(でも男性もいらっしゃるそうです)

オーナーママのYさんは、私と同郷で生まれ年が一緒で、家も近所、しかも昼間は女性ばかりの会社の経営者と、共通項が多いのです。
日頃からバイタリティのある人だなぁと感心していたのに、昨年末、突然バーをオープンしたというのでビックリ。
聞けばオープン1か月前に突然思い立って、行動したそう。
さすが!!

もう何がさすがって、一番スゴイのはタロットとお酒をからませるあたり。
女性はみんな占い好きだし、占いは原価がかからないし(笑)、何より「タロットバー」とうたうことで、男性客は女性同伴でないと来づらいでしょ?
女性が安心して気兼ねなく飲めるお店になることは、まず間違いありません。
近頃は予約で埋ってしまうほどの繁盛ぶりとか。(あらかじめ電話しておいてよかった!)

自家製のハーブ酒(これも女の子が好きそう!)などを楽しみながら、占ってもらいましたよ。
結果は予想どおりだし、大当たり。
やっぱりタロットは、今の自分を映し出す鏡なのかもしれません。
でもおかげで、次に進むべき道が見えてきたぞ。
(っていうか、本当は見えていたんですが、見えないふりをしていた、もしくは「今は行くべきではない」という理由をいっぱいくっつけて、進まずにいただけのことなんですけどね。)

何だかとっても盛り上がって、なんと来月からYさんに弟子入りしてタロットを習うことになりました。
私のような、占いにのめりこまないタイプのほうが、たぶん占い師の素質はあると思うし、オバさんになるほど説得力が増す商売なんて、なかなかあるもんじゃありません(笑)。
将来占い師になるかどうかは別の話だけど、「タロットができる」なんてネタとしてはかなりおもしろいかな、と。

Yさん曰く、タロットに大切なのは「霊感ではなく直感」だそう。
霊感は自信ないけど、直感ならかなりあるある!

私、結構、素質あると思うんですけど?
[PR]
by hanaoui | 2006-02-17 23:27 | diary
<< たまちゃんじゃない! そして、再び締め切りモード >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.