本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
たくさんの「ありがとう」を込めて
改めて本ブログを読み返してみると、3.11を境に、私たちの住む世界は変わってしまったのだな、と思います。

そして、なんと他愛なく、くだらなく、でも平和で愛しい日々だったことよ!



3.11のあと、私は長らく“自分の言葉”を失ったままでした。

震災直後のTwitterはまるで戦場のようで、“私のようなもの”がいったい何をつぶやいたものか、流れてくる言葉にただおろおろするばかりで、まったくわかりませんでした。

感じていること、考えていることはたくさんあるのに、同じ理由でブログもさっぱり書けなくなってしまいました。


曲がりなりにも「書く」ことを職業としているのに、これは私にとって本当におかしな、そして困った現象でした。

変わってしまった世界で自分がするべきこと、したいこと、そして世界はこれからどうなっていくのかを探して、私は本の旅を始めました。

まあ、言ってみれば片っ端から乱読、というやつです。


しかし、本を読めば読むほど迷宮に入り込んでしまい、途中「これはやっかいなことになったぞ」と思ったりしました。

でも、それについてはあまり深く追求せず、ただひたすら読みました。

そうしたらある日、突然出口が見えたのです。



旅の終わりを告げたのは、本ではなく、実在する「人」でした。

偶然再会した彼女がかけてくれた言葉で私は大きな気づきをするわけですが、それはまた別の場所で別の機会に記そうと思います。



先日、小社ウェブサイトをリニューアルしました。

まだ工事中だったりするんですが、私の中ではもうできあがっていて、あとはアウトプットさえすればいいという状態です。

これから先、進むべき道も見えています。

はじめてのことにも挑戦することになると思いますが、今、心は凪いでいて、そしてとてもワクワクしています。



さて、3.11以前の、私の他愛ない日常を中心につづった「日々、はなうい」は、これでおしまいです。

今までお付き合いくださり、本当にありがとうございました。


これからは、取り戻した私の言葉で、「dual life」につづっていきます。

よかったら、ときどき覗いてみてください。





それでは、また会う日まで。

どうかいつも笑顔を忘れず、お元気で!
[PR]
by hanaoui | 2012-08-19 22:19 | diary
徳島だより >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.