本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オレンジの太陽



30代のはじめ、「40歳になったら、ハワイで暮らしたい」と
本気で思っていた時期がありました。

毎日おひさまがいつ昇って、いつ沈んでいくかわからない生活は、
どこかで終わりにしたいなあと漠然と思っていたのです。

その日一日を、夕陽を見て終わりにしたい、と。




そして今、思いもかけず、徳島ですごしている30代最後の日々。

日課は、夕方、チビすけ、犬たちとともに小一時間ぶらぶらする散歩。



もうすぐ陽が落ちる。

オレンジ色に染まった、田植えを待つばかりの田圃や、花吹く里山の風景。



本当に大切なものは何か。

チビすけの道草につきあいながら、自分自身に問い続ける時間です。





いのちより経済が大切なんておかしい。

誰かがそうツイートしてました。


でも、日本人は、東京人は、この非日常を、やがて日常として受け入れるのでしょうか。

事態は一向に好転していない。

むしろ悪化している。

でも、みんなそうしていないから、という理由だけを安心材料に、とどまり続けるのでしょうか。






私はみんながそうだから、という理由では、これまで人生を選んでこなかった。

そして今、私にとって何より大切なのは、子どものいのち。


そろそろ決断のときが迫っている、と感じています。




昨日までわが実家で数日間を過ごしていた友人の言葉が、頭のなかでぐるぐるめぐります。

「みんなが新しい生き方を探しあぐねているなら、身をもって示せばいい」

「ここに文化がないというなら、自分でつくればいい」





さて、そんな私、明日から3日間、単身帰京します。

朝から晩まで予定がみっちり。

1つもこぼさずこなせるかな?


いろんな意味でちょっと緊張している夜です。
[PR]
by hanaoui | 2011-04-06 00:42 | dual
<< 日々雑記@徳島 徳島の空の下から >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.