本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
徳島の空の下から

震災直後は、平常心でいつもどおりの生活をするように心がけようと自分自身に
言い聞かせていましたが、実は1週間と少し前から徳島県の実家に来ています。


2歳の息子は20年経っても、まだ22歳。

それを考えたら、少しでも安全な場所へ彼を連れて行きたかったし、
放射能云々の心配をせずに、外で思い切り遊ばせてやりたかった。

「あのとき、心配しすぎちゃったね」って、あとで笑う分にはいくらでも笑えばいいと思い、
思い切ってしばらく拠点を移すことにしました。



とはいえ、もちろん仕事は進めなくちゃなりません。

だから、PCにスキャナー、プリンタも持参してます。

それでも、人と会わなければ進まない仕事はあるので、
ほとんど毎週、東京に飛行機で通勤です。

時間もお金もかかるけれど、息子の安全が優先なので、仕方がありません。



今週も1泊2日で東京にひとりで戻ったら、水騒ぎ……。

新聞上に無機質に増えつづける死亡者数と行方不明者数……。

毎日、胸がつぶれそうなことばかり。



でも、徳島の空の下にいると、やっぱり東京は遠くて、東北はそれよりはるかに遠い。

ここには水もたっぷりあるし(2リットルのペットボトルは被災地に優先して送られているようで
手に入りませんが)、スーパーには地元で採れた牛乳も魚もたくさん並んでいます。

西日本には、まだ確かに存在する3月11日以前の日常を、
若干の罪悪感とともに味わいながら、私に何ができるだろうと自問する日々です。





本日、フリーランス編集者の米田智彦さんの発案で、
YELL ART Projectのオープンミーティングが恵比寿で行われました。

私は残念ながらUstでの視聴となりましたが、「何かしたい!」と集まったクリエイターたちの
熱い思いに胸を打たれました。


正直、今の私にできることは非常に限られているんですが、
あせらず、慌てず、でもできることは何か常に頭をめぐらせながら、
明日も笑顔で過ごしたいと思います。
[PR]
by hanaoui | 2011-03-27 00:17 | diary
<< オレンジの太陽 今できることを、淡々と。 >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.