本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トーキョー・ハッピー・ナイト
最近、毎週火曜日の夜は、某酒造メーカーのカクテルスクールに通っています。

酔っ払いながら聞いてもいい授業があるなんて、目からウロコです。
授業の内容も先生もとってもおもしろいので、どんなに忙しくても必ず行くようにしています。
(その代わり、酔ったまま事務所に戻り、原稿を書くこともしばしば…)

さて、昨晩はスクールのあと、たまたまいつも近くの席に座っている同じ年頃の女性ふたりと飲みに行くことに。

毎週顔を合わせるだけで、3人とも互いの素性などもちろん知る由もなく、名前や職業を聞いたのも初めて。
ひとりはOL経験の後、資格を取得した看護師さん、もうひとりは離婚を決めて家を出たばかりの主婦でした。
(いろんな人生があるもんですね!)

カクテルスクールに通うからには、みんな飲めない口ではありません。
スクールでもしっかり飲んでいい気分のところに、四谷三丁目にあるビストロで、白ワインと食後のリキュールをいただきました。

今年初めて(!)仕事がひと段落したのと、何とか引っ越しできたのと、楽しく飲めたのとで、たがが外れてしまったのでしょうか。
すっかりいい気分になってしまった私。

こういうときは、そのまま真っ直ぐ家に帰ることは、まずありません。
(酔っ払って調子に乗ったり、あるいは逆に飲んだ相手が楽しくなかったりすると、私には「バーをひとりではしごする」という悪癖があります)

駅でふたりを見送ったあと、ひとりタクシーに乗り、久しぶりに六本木のとあるバーに寄ることに。

この店は、六本木ヒルズのすぐ近くにあるんですが、正真正銘の隠れ家バー。
空間の割にかなり贅沢なつくりで、カウンターはたった3席(!)しかありません。
このほかには、数人で囲める大きなアンティークのテーブルのほか、窓辺につくりつけられたテーブルがあるだけ。

本棚にはオーナーさんの蔵書が収められ(これがなかなか渋いセレクト!)、自由に閲覧することができます。
そして、店を守る腕のいいバーテンダーがひとり。

バーテンダーというよりは、見た目、お寿司屋さんとか魚屋さんといった雰囲気なんですが、彼のつくるお酒は本当に美味!
私にとっては、心からホッとできる特別な場所なので、実はここに人を連れてくることはそう多くありません。

この晩の先客は、常連のMさん。
お酒の話で相当盛り上がった気がしますが、何せすでにかなりの酒量で、よく覚えてません…。

先ほどMさんが、昨晩いつのまにやら撮影したらしいデジカメ画像をメールで送ってくれたので、ここに3席のカウンターバーをこっそりご紹介しちゃいます。

c0073025_2132029.jpg


うーん、何だかかなり楽しそうだぞ、酔っ払いの私。


おかげで今日は完璧寝不足&二日酔い。
(ちょっと反省)

ところで、今日はホントにキモチのいいお天気でしたね。
寝不足&花粉症で充血気味の目には、眩しすぎる陽射しでした。

午後、大和書房から講談社に向かう途中、ちょっとだけ時間があったので、桜が満開の神田川沿いを歩いてみました。

のんびりビールでも飲めたらいいのになあ…夕べのことはすっかり忘れて、思わずそんなセリフが頭をよぎってしまうあたり、やっぱり反省が足りないのかもしれません。

c0073025_2165152.jpg

[PR]
by hanaoui | 2005-04-06 21:19 | diary
<< 桜の季節に 引っ越し完了。 >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.