本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夢は叶えるもの

夏からずっと準備してきたアートイベントが、迫ってきました。

なんというか、かんというか、なかなか感慨深いものがあります。



「子育ても、仕事も、シブ大もやって、おまけにアートイベント!?」

アートイベントの話をすると、感心するというよりも、
あきれて開いた口がふさがらないという人も、少なくありません。

まあ、そうでしょう。
ごくフツーだと思います、その反応は。


でもね、私が動いているのは、誰かのため、とか、地域のため、とか、
そういうことではないんですよ。

今、私がその大きな流れの中にいると思うからやっているだけ。
波の向こうから、猛烈に呼ばれてる気がするんです。

立ち止まって考え始めたら、どうせやらない言い訳を考えるだけだから、
立ち止まらずに走っているだけなんです。
(もちろん、まわりのサポートがあってはじめてできることなんですが。)



ただ、確かにこれはもうすごい波ですよ。
でも、だからこそ波乗りが楽しい。

今は不況で、それどころじゃないって考える人も多いみたいです。
でもね、不景気って大きなチャンスだと思うんですよ。

子づくりしたり、子育てしたりするチャンス。
買い込んでほこりをかぶっている本を読むチャンス。
誰かに会って、話を聞くチャンス。

景気が良かったら、それどころじゃないですもの。
だから、インプットしたり、仕事以外のことをアウトプットするチャンスだと思ってます。


「エビベン(正式名は『恵比寿アートウォーク ベンチ to ベンチ』)と名付けた
アートイベントの先に何が待っているか、私にはさっぱりわかりません。

ただ、このイベントのために走り始めてから、
もう数えきれないほどの奇跡のような出会いを重ねています。
偶然てホントは偶然じゃなくて、必然なんですよね。


そして、つくづく思うのは、私には何もできないのだ! ということ。

結局、言い出しっぺの私は、アートについてもイベントについてもほぼ素人で、
何もできません。

できるのは、ただ伝えつづけることだけ。

でも、伝えつづけていれば、必ず賛同者が現れて、力を貸してくれたりするんですよね!


事実、身銭を切ってまでも一緒につくってきてくれた仲間たちには、
ただただ頭の下がる思いです。
(というわけで、ドネーション絶賛受付中!)


よかったら、今月末はぜひ恵比寿にいらしてください。

商業的なデザインイベントでもない、街おこしのためのアートイベントでもない、
行政と住民と地元企業を巻き込んだ、まったく新しいアートイベントが
産声を上げるのを観られるはずです。

特にこのイベントをしたいと私が言い出したとき、
「パンドラの匣を開けてしまったのでは?」
「次の2月に開催するのは、ムリなんじゃない?」
そう言った人に、ぜひ観に来てほしいです。

何も鼻を明かしたいのではありません。
ひとりの力は小さくても、言いつづけることで
夢は叶うのだということを、知ってほしいのです。


つい2、3日前、NYの廃線になった列車の高架橋が、
アートのちりばめられた緑豊かな公園に生まれ変わったのは、
たった2人の住民が言い出したのが始まりだったことを知り、
私も鼻息が荒くなっています。
http://www.thehighline.org/


夢は叶う。

大人がそう信じることこそが、子どもたちに夢を与えることだと思いませんか?



エビベンは、2月27日(土)、28日(日)の2日間行ないます。

単発のアートイベントとして産み落とすのではなく、
大きく育てていくための次のフェーズを視野に入れながら動いています。

もちろん、サスティナブルなプロジェクトにするためには、お金のことは避けて通れません。
そのこともきちんと見つめながら、実現させたいと思っています。


夢は大きく高く。

だって、どうせ見るなら、大きな夢のほうが楽しいから!



さて、エビベンをどんなふうに育てたいかは、また次の機会に。


エビベンについて、詳しい概要はこちら
(ニュース更新しなさすぎ!! ちょっと反省)
[PR]
by hanaoui | 2010-02-14 21:54 | diary
<< 保育園さまさま! その2 保育園さまさま! >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.