本業は編集者、ディレクター。でも、実はシブヤ大学恵比寿キャンパス校長や、恵比寿のアートイベント発起人など、いろいろしてます。そんな小倉若葉(おぐらなおよ)の日常を綴っています。子育ても満喫中。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
関連リンク
Dual:
http://www.the-dual.com/
マルコ、鳴かない犬:
http://ameblo.jp/inukawa-marco/
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
3歳児神話って??

久しぶりに勉強せずに試験日を迎える夢を見るほど、立て込んだ日々を送ってます。

先週より徳島の母に出てきてもらっているため、家事はほとんどお休み。

夕方、チビすけが保育園から戻ったあとも、母がいてくれるおかげで、いつもより2時間ほど長く仕事ができます。

はー、ありがたや。


半分育児休暇中にムリやり仕事をしていた頃と比べると、ゆとりもあるし、感覚も戻ってきたせいか(授乳中のホルモンって、頭がボーッとするらしいです)、改めてつくるって楽しいなー、書くっておもしろいなーと、思う場面が多々あり、現実はあれこれキビシイながらも、それなりに楽しんでいます。

が、その分、チビすけとベタベタする時間がいつもより短いので、寝る前の1時間はチビすけ用。

チビすけが喜ぶことばっかりして遊んでます。

最近のお気に入りは、ベッドで遊ぶこと。

ベッドにつけた柵や私につかまって歩く練習したり、枕元のティッシュやオムツを引っ張り出したり、ベッドの上で追いかけっこ(私は逃げる専門)したり、くすぐりごっこしたり、飛行機ぶんぶんごっこしたり。



とはいえ、そんな生活を送っていると、あからさまではないけれど、「そんなに小さいうちから保育園に入れてるんだ(かわいそう)」とは、相変わらず言われます。


でもねー、私、仕事をしてるからこそ、子育てで煮詰まらないし、わが子の生長をよその子と比べてあせったりもしないし、わが子のすることにイライラすることもないです。

いたずらしても、ぐちゃぐちゃに食べちらかしても、もう全然平気。

要は危なくなければいいんです。

人間、時間があると、いろいろあらぬことを心配しがちだけど、気にする時間がなければ、体は忙しくても、意外と心は平穏だったりするんですよ。



「でも、3歳までは……」っていうじゃないかって?


いわゆる「3歳児神話」ですね、ハイ。

もちろん存じております。


でもねー、3歳児神話が唱えられたのって、1950年代ですよ。

最近では、いろんな研究で母親の就労と子どもの発達は無関係で、3歳児神話はまったく根拠がないことがわかってきてるんですよ。

知ってました?



知らないでそういうこというの、もうホントやめてほしいです。

そして、そんなこという人こそが、世の中の大勢の母親を追いつめてるってこと、知ってほしいです。


父親は仕事で忙しい。

子どもは母親が見るべき。

24時間365日、母親しっぱなしは、本当にキツイんです。

自分では母親業をしていないし、する気も毛頭ないのに、言葉だけで母親を縛るなんて、もうやめてくださいね!




翻って、保育園ってホントにすばらしいのです。

先生たちは育児のプロフェッショナルで、愛情たっぷりのまなざしで、子どもたちを見守ってくれます。

離乳食も手作りだし♪


なかでも特にいいなーって思うのは、先生もお友だちも、とにかくいっぱい人がいること!

人の数だけ刺激があるし、飽きたり、煮詰まったりするヒマがないでしょ?


ちなみに、チビすけの最近のお気に入りは、ひよこ組のまなみちゃん。

チビすけは、好きな人にチュウをするクセがあるんですが(女性限定。チビでもちゃんとわかってます。私など、朝、チビすけに口を吸われて目を覚ますことがたびたびあります)、先日、先生がふと目を離した隙に、まなみちゃんにチュウをしようとしていたらしいです。

「まだ早いと思って、慌てて引き離しました」だって。

がはは、やるじゃないか、生後9カ月のマセガキ!




子どもは親に甘えてしがみつきながらも、一方で親の生き様を見つめています。

だから、親である前に一人の人間としてどう生きるかが、重要だと思うんです。



なーんて、私だって夫や子どものためにおうちでパンやお菓子を焼いたりする生活が、至福のヨロコビだったらなあ! って思うこともたまにはあるんですよ(笑)。


……残念ながらそうじゃないので、母は違う種類のヨロコビをもってるところを、チビすけに見せつけてやりたいと思いマス。



c0073025_0453974.jpg


大のお気に入りの桃を食べ、喜んでいるところ。

あんまり暑いので髪を切ったら、赤ちゃんからすっかり男の子になってしまいました。

赤ちゃん時期が終わってしまいそうなのが、母的には本当に淋しい……
[PR]
by hanaoui | 2009-07-30 00:47 | diary
<< 久しぶりにダウン 日食、その瞬間 >>
Copyright(C)2000-2006 dual.inc All rights reserved.